妊娠・出産・育児の情報サイト


おみくじが凶、また凶!顕微授精にチャレンジする前の神頼み、のつもりが…

結婚前から生理不順があり、妊娠まで時間がかかるのを覚悟していました。

結婚した時すでに主人が39歳ということで、すぐに不妊治療へ!

主人も検査をしています。

1年半タイミング法で頑張りました。

 

しかし途中あまりにも気になって、主人の再検査を行いました。

その結果はあまりに悪く、顕微受精でないと妊娠は望めないとのこと…。

今までの努力はなんだったんだろうと凹みました。

 

凹んでても仕方がないなぁと思い直し、すぐに顕微受精の準備へ。

運悪く11月の排卵が終わった後で、年末年始を挟む長期間の準備をすることに…。

人工も体外もしてないのに、いきなり顕微受精ということで不安が絶えず。

「これは神頼みしかないっ」

ということで、年越し初詣で京都までいきました。

 

清水寺で赤ちゃんへの祈りを込めておみくじ。

なんと…凶!!

お先真っ暗やんと落ち込んでると、主人に『再チャレンジ』と八坂神社まで引っ張っていかれました。

そして………凶!!!!!!

もはや笑えてきました(笑)

そして、1月主人と思い出のディズニーへ『二人で来るのはこれで最後』と心に決めて行きました。

 

1月末初採卵。こんなに痛いものとは…

5日後、お腹へ戻しました。

そこからは緊張の連続。

冷やさないように、重いもの持たないように、でも気にしすぎないように。

そして、妊娠判定。見事、陽性!!

しかし、その後に先生から聞いた言葉は

「陽性は陽性たけど、hcgがギリギリ。育つかは半々」

とのこと。

喜ぶ主人と落ち込むわたし。

主人は妊娠したことが嬉しい、わたしはお腹にいる子が育たない恐怖で気持ちの差がうまれした。

 

1週間後の検診で胎嚢が見えるもhcg低く、偽胎嚢かもと言われました。

2週間後に心拍確認。

この2週間は人生で1番しんどかった…

自分の体なのに、どうなってるか分からない。

せっかく授かった命が育ってるかも分からない。

育つかは赤ちゃん次第だから出来ることはない。

苦しくて、ちょっと体調悪いとつわりかなと盛り上がり、トイレに行く度出血を確かめて。

こんなに長い2週間はありません。

おみくじ凶やったしと思ってみたり…

心拍が確認出来たときは、検査台で号泣!!

 

今は9wのつわり真っ最中です。

育つかどうか半々、といった時期を乗り越えてくれました。

まだまだ安心できない時期ではありますが、よく頑張ってくれています。

次は3人でディズニー行くのがかなうかなと期待!

 

これまたおまじないですが、赤ちゃんの靴を買って玄関に置くと赤ちゃんが迷わず来てくれるそうです。

偶然かもですが、置いてから検査結果がみるみる良くなりました!

著者:りさだっく

妊活からつわりにうつりました!妊活の苦しさを考えるとつわりも乗り越えられます。と…言いたいところですが別物です(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。