妊娠・出産・育児の情報サイト


寝ぼけてお腹をぶつける

f:id:akasuguedi:20160614111630p:plain

出産日の前日、妊婦健診でした。

先生からの内診では、まだかかりそうだねって言われ、私はまだまだ散歩しなきゃ、って思ってました。もちろん健診終わりも散歩して帰りました。

その日の夜中、寝ぼけてトイレに行った私は自分のお腹の大きさを忘れており、ドアを引くときにお腹を打ってしまいました。

心配性な私はなんとなくお腹が痛い気がして、全く眠れず・・・でも朝になっても出血もないし、なんとなくお腹痛い程度。心配の方が大きく、病院に電話して診てもらうことに。結局NSTをしても、エコーで見ても何も問題なし。しかし、先生が、お産近いねって言いました。私は、え!!昨日はまだって言ってたのに!っていうちょっと焦りが出てきました。

帰り道、心配してお腹が空いたから大好きなクロワッサン買ってから、今日は休んで明日から散歩頑張ろうって思いました。お腹は満たされたもののなんだかお腹が定期的に痛い。とりあえずアプリでずっと朝から測っていました。

主人が仕事から帰ってきて、なんかお腹痛いから横になってるといい、夕食は食べず。主人は用事があったので、外出。私は1人携帯を持ち、時間を計っていました。

定期的だけどまさかな・・・夜8時ごろ5分間隔を切ってきていてさすがにまずいかなと思い、主人に連絡。すぐ帰ってきてくれ、病院にも電話。車で2~3分のところにあるのでゆっくりおいで~と助産師さん。わたしもその気になり、また帰されるかもねーなんて言いながら行ってきまーす。

着き子宮口をはかると5センチ。あら、よく我慢してたね!!と褒められました。到着したのが夜の9時ごろ。助産師さんに明日の朝には産まれますねって言われ、驚いてたら、みるみる陣痛がひどくなり、夜11時頃に分娩台、11時23分には産まれてました。助産師さんに上手上手!と褒められてはいたものの痛みが強すぎて、暴言吐きまくりでした。産んだ後すぐ恥ずかしくなり、すぐさま主人や助産師さんにごめんなさいと謝りました。超スピード安産だったようです。

いまその時産まれた天使とゆらゆらして、幸せです。