妊娠・出産・育児の情報サイト


子ども達の前で大声をあげて夫婦喧嘩。ママをギュッと抱きしめてくれた1歳半の息子に涙

f:id:akasuguope01:20160330174415j:plain

私の主人は、離婚歴があり、2人の小学生の息子がいます。私の実子は、三男にあたる1歳9ヶ月の息子だけです。

初めての結婚生活で子育てをしていく中、義父母と同居し、目まぐるしい毎日を過ごしています。2人の兄、長男と次男はとても素直な子たちで、すぐに仲良くなり、息子のこともとても可愛がってくれています。しかし、生活習慣や子育ての方針の違いなどから義父母や主人とは意見が食い違うことが多くありました。

息子が1歳半になったばかりの頃です。長男と次男との会話も多かったためか、「パパ」「ママ」「ブーブ」などカタコトながらもおしゃべりが大好きな子に育っていました。テレビを見ながら1人で話をしたり、音楽に合わせて体を動かしたり、元気いっぱいでした。

そんなある日、主人と喧嘩になってしまいました。普段は、子どもたちの前で絶対に喧嘩はせず、見せないようにしていました。しかし、その日はお互いに余裕がなく、子どもたちの前で大きな声で言い合いをしてしまいました。

私は、自分の言いたいことを理解してもらえないイライラなどに自分自身が情けなくなり、涙があふれてしまいました。その時、突然1歳半の息子が私に駆け寄ってきたのです。そして、私のことをギュッと抱きしめてくれました。

まだ、喧嘩の内容も分からないはずなのに、誰よりも早く私のところに来て、小さな体で精一杯包み込んでくれました。私にはまるで 「大丈夫だよ。わかってるよ。」 と言ってくれているかのように、今まで見たことのない切ない顔をした息子が私を見上げていました。その顔を見て更に涙があふれました。あの時の顔はきっと一生忘れないと思います。

私は改めて思いました。子どもには、言葉が理解できなくても、パパとママの表情や雰囲気で何もかも伝わってしまうということ、どんなに小さくてもその子の頭で一生懸命考えてなんとかしようとしてくれることを。

それ以来、夫婦で大きな喧嘩をすることはなくなりました。もちろん、意見の違いはすぐに理解し合えるものではありません。

しかし、お互いにゆずり合う余裕が持てるようになりました。息子によって、私たちはパパとママとして大きく成長させてもらったのです。私たちは、これからも本当の家族になれるよう、楽しく過ごし日々成長していきたいと思います。

f:id:akasuguope01:20160330195053j:plain

著者:こみく
年齢:25歳
子どもの年齢:9歳、8歳、1歳

男三兄弟の母 長男と次男は主人の連れ子で1歳の息子が初めての出産、育児 毎日わからないことだらけの中で自分なりの子育てを見つけられるよう日々奮闘中 いつか、三兄弟全員に私がママでよかったと思ってもらえるようなお母さんが目標

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。