妊娠・出産・育児の情報サイト


立会い出産の大切さ

陣痛の痛さを、"鼻からスイカ"と耳にしたことがある方は多いかと思います。

私も、何度となく聞いたセリフですが、

「そんな想像も出来ない表現、想像を絶する痛みとはどんなものなんだろう…」

と、不安になることもありました。

 

でも、実際には味わった事のないような痛みとは違うと思いました。

確かに、痛かったし大変でした。

とにかく、腰が辛かった。

ハンマーで殴られているような感覚。

どーん!どーん!というのが、数分おきに。

 

この時、付き添ってくれていた主人に腰をさすってもらいましたが、これがどんなに助けられたことか。

よく、旦那さんだと、さする場所や強さが全然違う!イライラした!なんて話も聞きましたが、

それ以上に、信頼出来る人が側にいてくれる、というのは、とても重要でした。

確かに、もっと強くしてほしい、それじゃ強すぎる。

ありましたよ。

でもそこは、こうしてほしい、というのを伝え、頑張ってくれてる主人を見ていたら、怒る気になんてなりませんでした。

とても感謝しています。

 

私は、陣痛が長く、丸一日以上病院で過ごしましたが、ずっと付き添い、寝不足でも、腰さすって!と訴える度に、夜中でも飛び起きて腰をさすってくれたことが本当に有難かったです。

主人がいてくれなかったら、耐えられなかったんじゃないかと思います。

立会い出産は、もちろんご主人だけでなく、信頼出来る人が側にいてくれるだけで、頑張れると思います。

著者:ゆかり

初めての出産を通じ、子育てに戸惑いや不安はもちろんありますが、出産、子育てを始めて、知ったこと、気付いたことが、自分の今後の人生を大きく変えてくれると思いました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。