妊娠・出産・育児の情報サイト


7mもの巨大ベビーフェンス、DIY苦手でもできた!丈夫&見た目スッキリで大満足

f:id:akasuguedi:20160609105028j:plain

ハイハイが始まり、どこへでも自由自在に動きまわれるようになった9カ月頃。

息子が引き出しや棚から手当たり次第ものを引っ張り出してしまうようになりました。

 

引き出しは赤ちゃん用のロックを取り付けることで対処できたのですが、困ったのはオープン棚です。

というのも、我が家の場合、CDやレコードなどのメディア類、音響設備やテレビなどを収納するオープン棚が壁2つの面にびっしりと並んでいるから。

 

必要な長さは全長7メートルほど。

市販のベビーフェンスでは長さが全く足りません。

これはDIYするしかないということになり、ネットで調べてみると、出てくるわ出てくるわ。

みなさん工夫して様々な手作りフェンスを作ってらっしゃいました。

 

それらを参考にした結果、DIYが苦手なパパでも簡単に作れ、シンプルで見栄えもいい、パイプとジョイントを組み合わせて作るタイプのものにすることにしました。

 

まずはパイプとジョイントで枠組みを作り、枠の間をマス目状の金属製ネットでふさぐというものです。

パイプとジョイントは様々な形状のものが揃う組立パイプシステム「スペーシア」を利用しました。金属製のネットは、たいがいの100均で手に入るものです。

 

金属製ネットをパイプに結びつけるのにプラスチック製の留め具(結束バンド)を使ってみたのですが、小さな子だと手に触れたときに痛そうだったので紙紐に変更しました。

f:id:akasuguedi:20160609105046j:plain

そうこうして、全長6m80cmの大作が完成。

とにかく大きいので材料がたくさん必要でしたが、それでもかかった費用は2万円ほどでした。

暴れん坊の息子が力任せに押したり、枠に足をのせたりしてもびくともせず、安心して使えます。

また、見た目がすっきりしているので、部屋が重たい雰囲気にならずにすんだのも良かった点でした。

 

息子は現在2歳半を過ぎたものの、部屋にある生活用品で遊ぶのが大好き。

まだまだベビーフェンスははずせません。

そして、昨年には次女が誕生。次女が2歳半になるまで使ったとしたら、このフェンスとは4年のお付き合いとなるはず。

丈夫で見栄えも良い、理想的なフェンスが作れて大満足です。

f:id:akasugu:20150428090437j:plain

著者:フムフム
年齢:42歳
子どもの年齢:2歳8カ月、5カ月

40歳でママ1年生となった遅咲きママ。仕事はフリーライター。
得意ジャンルはグルメで、特にスイーツとパンの情報に敏感。子育て最優先で、新店になかなか足を運べないのが悩みの種。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。