妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産で入院生活

f:id:akasuguedi:20160614111630p:plain

31週で里帰りをして、里帰り先の病院で検診を受けたその日に切迫早産で入院になりました。

子宮頸管が短く、2㎝を切っていたため急遽入院になり、突然のことで気が動転して涙が止まりませんでした。

すぐにウテメリンの点滴をされ病室に連れて行かれました。

ウテメリンの副作用がひどく、最初の3日間くらいは動悸と手足のふるえ、体のほてりや顔面痛などで悩まされました。

1週間もすれば自然と慣れてきましたが、やはり24時間の点滴は自由に身動きできず、血管も痛くなりストレスでした。

幸いにも個室だったので、テレビも好きな時間に見られて電話も周りに気にせずできたので、その点では快適だったと思います。

不安と寂しさで泣いてしまった日もたくさんありましたが、休みの日には夫や母がお見舞いに来てくれたので、それを楽しみに過ごしていました。

34週になり、経過もだんだんよくなってきたので、35週で退院することになりました。

4週間の入院生活でしたが、赤ちゃんのためになんとか耐えられました。私はもともとお腹が張りやすい体質なので、疲れたりお腹が張ったときは無理せず横になったりして、もっと気を付けて生活していればなと後悔しました。

もうすぐ臨月なので、37週まではなんとかお腹にいてくれるように無理せず過ごしたいです。

著者:ゆあちゃんママ

初めまして☆6月に出産予定です!切迫早産を乗り越えてもうすぐ臨月になります(*^^*)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。