妊娠・出産・育児の情報サイト


念願の立会い出産

我が家は主人、私、長女の三人暮らしでした。

そこに今回二人目をお腹の中に授かりました。

長女の出産時は仕事が入っていた主人。

血を見るのも苦手な主人だったので立ち会いはしてもらいませんでした。

でも今回は主人と話し合って最後の出産と決めていたので、主人や娘には絶対に赤ちゃんが産まれる奇跡を見て欲しいという思いがあり、「立会いしてよ」とお願いしていました。

主人は「絶対ムリ」と言っていて、私も「あー今回もダメかなぁ」と半ば諦めていました。

 

そうこうしていると月日はどんどん過ぎ臨月になり、39週に入った夜に突然破水。

すぐに主人の運転する車で病院に直行しましたが、病院に着いた時点で子宮口は8センチになっておりすぐに分娩室に誘導されました。

分娩台に上がっていると、長女と荷物を持って主人も分娩室にやってきました。

そこから5分くらいで二人目が産まれました。

主人も「これで終わりですか」って助産師さんに聞いてしまうくらい安産すぎる安産でした。

念願叶って立会い出産はできたけど早すぎて、産みの苦しみとか感動とかが一切伝わらず…。

でも無事に産まれてくれたことがなにより嬉しかったです。

著者:mukaipon1

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。