妊娠・出産・育児の情報サイト


ビビりな私の緊急帝王切開

f:id:akasuguedi:20160618002824j:plain

f:id:akasuguedi:20160617224017p:plain

元々血圧が高めで、高齢だし大学病院で内科と併用しながら妊娠中診てもらってました。

血圧は比較的落ち着いたまま臨月を迎えました。

ただ後期になればなるほど血圧は上がってまうから、正産期に入ったらすぐ産めるといいねーと先生と話していたら、39週辺りから血圧が上がりだし…160/100とかになってしまいました。

そして予定日3日前の診察に行き、血圧も全然下がらずそのまま入院に。

前駆陣痛も始まり、痛いと血圧ももっと上がるし危ないからと、緊急で帝王切開に。

急に看護婦さんも準備でバタバタと回りが慌ただしくなり、これから1時間後には手術ですと先生がやってきて私はパニック!

 

とにかく血や痛みが大の苦手の超ビビりの私。

先生や看護婦さんに怖い怖いと大騒ぎをし…(笑)

点滴、尿の管を入れ手術室へ。

まず背中から麻酔の注射をうたれ、血圧計も着けて両腕は固定されました。

胸の下に仕切りをおき、いよいよ先生が。

ビクビクしている私に看護婦さん達がやさしく声かけてくれます。

手術室はディズニーのBGMがかかり和やかな雰囲気。

 

そして始めますと言われてすぐ、オギャー!と産声が。

その時は、ああ、ちゃんと産まれた!と感無量でした。

帝王切開した友達は電気メスの臭いがしたとか言ってましたが、そんなことはなくあまり感覚がないまま産まれました。

ただお腹を切られてると思うと具合悪くなるので極力違うことを考えてました(笑)

そして看護婦さんが手を握ってくれてたのも安心しました。

 

その後赤ちゃんが出たあと、色々処置されてる感じが少しわかり。

なんか引っ張られてるような。それが怖くてとても長く感じました。

とにかく怖くて仕方ありませんでしたが、手術自体40分程度で終わりほっとしました…。が、その夜は痛みと不自由な体に苦しめられました。

 

帝王切開は後が辛い、って本当でした。麻酔が切れてからが痛くてちょっと動くだけで激痛でした。

しばらくは痛くてそれがやはり大変でしたが、血圧の事を考えると長時間の陣痛とか厳しかったと思うので結果、良かったと思います。

子供は3100グラム、とても元気な男の子でした!!

著者:えみ

高齢新米ママです!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。