妊娠・出産・育児の情報サイト


超安産!10分で出てきた息子

 

「初産は分娩台上がってからも長いよ。」

妊娠中は先輩ママさんやネットの情報に脅されて、出産の痛みに不安を感じていました。

 

しかし私が体験したのは、分娩台に上がってから10分で出産という超安産

臍帯が首に2回巻いていましたが、1度いきんだだけで産まれてきた息子は元気そのもの。

初産ですが、陣痛から出産までトータル8時間での出産でした。

 

安産のためにしていたことはほとんどなく、基本的には胃が気持ち悪いことを理由にぐうたら生活。

間食はしないように気をつけていましたが、産休に入ると体重も増え、出産時には+11kg。

やんわりお医者さんに注意されながらも、食べたいものを食べ、好きな時間に寝て、ストレスを溜めないようにしていました。

 

いざ陣痛が始まってからは、長丁場に耐えられるように朝食をしっかり食べ、シャワーを浴びて準備をすませ、タクシーの手配などは主人と母に任せて万全の状態でお産に望みました。

 

体に力が入ると子宮口や骨盤が開かないと聞いていたので、上半身にだけ力を入れて足やお腹の力を抜き、深呼吸を心がけました。

 

途中、痛みで気持ち悪くなり吐いてしまったり、分娩台で大きい方を漏らしたりと恥ずかしいことは多々あったものの、産後にすぐ昼ご飯が食べられるくらい体力を残して出産することが出来ました。

 

妊娠中は不安がたくさんあると思いますが、あまり神経質にならずに、自分のペースでお産に臨んでくださいね。

著者:ちい

27歳共働きの初産婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。