妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛は、とにかく痛みに耐える耐える耐える!

f:id:akasuguedi:20160617224017p:plain

私の陣痛は、予定日の1日前の夜中から始まりました。

陣痛ってどんな感じなんだろう?生理痛みたいなのって言うけどわかるかな?と思っていましたが、すぐわかりました。

お腹が張ることはあっても、それまでとは違い、ずーんずーんと痛む感じがしたのでした。

 

すぐ、陣痛アプリで間隔を測り始めました。

感じ始めた30分後くらいにガタガタガタガタ家が揺れました。

陣痛が来て怖いのに加え、地震の怖さもあり、不安でたまりませんでした。

震源からは離れていて震度4でしたが、すごく怖かったです。

 

陣痛アプリで測ると、もう10分間隔でした。産院に電話し、車で連れて行ってもらいました。まだ、このときは、3センチほどの開きでした。

朝までゆっくり寝て、モニターをとっていました。

そのときも、地震速報がキュイーンキュイーンとなる中でガタガタ揺れていました。

まだ、この時は生理痛強目くらいでした。

 

10時くらいになると、うーっとうなりたくなるくらい痛くなってきました。

母や夫に背中や腰をさすってもらいながらすーっと吸って、あーっと声を出しながら息を吐いていました。

まだ、4センチほどのひらきでした。

内診をされると、痛い痛い!でも、この痛みはまだまだでした。

あーっと声を出すこの呼吸は、よくなかったようです。

すーっと吸って、声は出さずにふぅ~と細くはくほうがよかったみたいです。

後から助産師さんが来た時に、この呼吸をするように教えてくれて、陣痛が進みやすくなりました。

 

痛みの間隔が狭くなってきて、ごはんをゆっくり食べていられなくなりました。一口食べて、あーっと痛くなって突っ伏して。を繰り返しました。

午後からは、痛くて痛くて涙が出てきました。4センチからなかなか開かない!そのころ、ふぅ~と細く吐く呼吸を教えてもらったり、腰のさすり方を教えてもらったりして、きついながらもさすられると少し楽になる、というのを繰り返しました。

 

2時、内診で、『5センチくらいかなー。開かないねー』と。がっかりして、また陣痛の痛みに耐える。

3時、痛い痛い痛い!『もしかしたら、もう開いてるのでは!?』と、内診してもらいました。でもまだ6センチ。えー!?まだ...。

内診のとき、中をぐりー!ギリギリとされているような感覚!!陣痛も痛いけど、内診ひどい!!開きを見てもらいたいけど内診痛い!どっちにしても痛い痛い痛い!の連続でした。

お腹の中で赤ちゃんがまっすぐなってないので、ゴムチューブをまいて、安産体操のおしりフリフリを続ける。

4時、もういいかげん開いただろう!とまた内診。まだ開かない...内診の痛みはどんどん増す。ぐりー!ぐりー!私のお腹ちぎれるんじゃないかとおもうような痛み。

だんだん、どうにかしてください、痛くてもいいから、早く分娩台に上がれるようにしてくださいと願う。

5時、内診してもらうも、まだ。少し進んで8センチくらい。

内診はギリギリギリギリ痛すぎる!陣痛もゴムチューブも内診も痛いばっかり!だんだん嫌になってくる。泣きながらお尻フリフリ安産体操して、陣痛を耐える。

6時、内診ギリーっとすると破水しました。「ここから、もっと痛くなって陣痛進んでいくよ」と言われ、『進むのは嬉しいけど、これ以上また痛くなるんですか?!』と愕然。

それから、いきめるようになったので、分娩台へ。

分娩台にあがってからも、陣痛の波が来るたび、息をとめないようにすーっ...ふぅうぅ~っと息を吐く。このときは、とにかく、「早く!早く!」と早く出したい気持ちでいっぱいでした。

最後、赤ちゃんの手が首のところにあって出にくくなって心拍が下がったようで、吸引になりました。助産師さんにお腹をおされ、それも痛い!「赤ちゃん出るよー!」と言われ、ふぅうぅ~といきむと、

どぅるんっ

と、赤ちゃんが出てきました!

感動よりもやっと終わったという開放感が大きかったです。

体がゆったりしたところで、やっと赤ちゃんの方に意識が向きました。

髪ふさふさでちゃんと元気な男の子でした。不思議な感覚と嬉しさでしばらくぼーっとしていました。

 

出産は、鼻からすいかとよく言われます。

お見舞いに来てくれた友人から痛みについて聞かれました。

「子宮頸がんの検査でも痛い」と言う彼女に、「あの出産の痛みを100とすると、子宮頸がんの検査は、0.05くらいだよ。」と。

本当に痛い痛いの出産でした。二度としたくないと思いましたが、きっとまた赤ちゃんがほしくなるんでしょうね。

慣れない育児は大変ですが、赤ちゃんは、とってもかわいいです。頑張って育って出てきてくれて本当に嬉しいです。元気に育ってくれるよう、これからもがんばります。

著者:ちょろちょろさん

小学校教諭で、現在育児休暇中です。妊娠中は、高学年担任できつかったですが、なんとか無事に出産できました。育休中は、我が子をしっかり育てたいです☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。