妊娠・出産・育児の情報サイト


精神的に夫に支えられた出産

f:id:akasuguedi:20160617224017p:plain

出産前日の昼頃から、痛みが繰り返すようになり、夫に連絡をとって今夜病院に来てもらう可能性があることを伝えました。

夫の会社から病院は2時間半かかるので、立ち会い出産を希望していましたが、間に合うかが不安でした。

夕方まで様子をみながらも、痛みの間隔がどんどん短くなっていき、夫が定時退社し帰宅方向になった頃をみはからって病院へ電話。

助産師のアドバイスで、夕飯やシャワーを済ませ、いよいよ強さが増し間隔も安定してきたため、病院に行きました。

病院に着いたのが20:00すぎ、子宮口が4センチほどひらいており、すぐ陣痛室へ行き入院となりました。

夫にも連絡し、病院に来てくれたのが21:00すぎ。

ちょうど陣痛も段々強さが増してきた頃で、間に合ったことにほっとしました。

 

その後はどんどん強くなる痛みに、寄り添ってくれる人がつねに近くにいるのは心強く、痛みが減るわけではなくても、さすってもらったり、波きたね、痛いね、と私の言葉を繰り返してくれるだけで、精神的に支えられました。

無事出産後もよく頑張ったね、ありがとうね、と言ってくれる言葉に重みがあり、少しでも楽になるように陣痛の波が来るたびに拳やボールで子宮口を押してくれたおかげで、筋肉痛になって震えている夫の腕を見て、一緒に頑張って産んだんだ!と感動を分かち合えた気もします。

立ち会い出産には向き不向きかあるようですが、信頼している相手であり、育児に積極的な夫であれば、是非立ち会いを勧めます!

著者:ゆりか

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。