妊娠・出産・育児の情報サイト


促進剤を打っても子宮口が全く開かない…陣痛の痛みと戦い続けた3日間

f:id:akasuguedi:20160509203939p:plain

朝5時頃にトイレに行くとおしるしが。

その後すぐに定期的な軽い痛みがきて、これが陣痛なんだろうとすぐにわかりました。

 

その日は10時に検診だったので、それまで様子をみて病院へ。

そのまま入院となりました。

時間が経つにつれ陣痛はどんどん強くなっていったのですが、いつまで経っても子宮口は1センチのまま。

朝までもがき苦しんだのに、全く開かず…1度痛み止めを打ちリセット。

 

シャワーを浴び朝食を食べ、促進剤を打ちました。

その日も夜まで苦しみ続けましたが、子宮口は7センチ。

促進剤をやめ、一晩眠ることに。

促進剤をやめたら、すぐに陣痛はひいていきました。
 

そして3日目、また促進剤を打ちました。

またあの痛みがくるかと思うと、もう怖くて嫌で逃げ出したくなりました。

2日間強烈な痛みを味わい続け、身体は強張ってしまいます。

呼吸法どころか、力が入ってカチカチです。

だから余計に子宮口が開きづらかったのかなと思います。

3日目もひたすらもがき苦しみ、夕方やっと子宮口が全開になりました。

痛すぎて歩くのもやっとで、分娩室に向かいました。

 

立会い希望の主人は毎日休み続けるのが難しかったので、朝から仕事へ行き早退してきてくれました。

分娩室に移動してすぐに到着したので、夕方まで苦しんでも、主人が間に合ったので良かったと思いました。

赤ちゃんもパパが来るのを待っていたのかもしれません。

 

最後の力を振り絞って、全力でいきみました。

もうヘトヘトでした。

ここでも、なかなか赤ちゃんの頭が出てきてくれず、最後は会陰切開とお腹をおもいっきり押され、かわいい娘が産まれてきました。

産声を聞いて、私も主人も一安心でした。

 

しかし、カンガルーケアを希望していたのですが、赤ちゃんはしばらく処置などされていて、そのまま保育器に。

そしてすぐに小児科へ運ばれてしまいました。

元気に泣いていたので、なんでだろうと一気に不安になりました。

娘は羊水を飲み込みすぎており、軽い呼吸障害があったようです。

特に問題は無いとのことですが、一応小児科の先生に見てもらい、大事をとってGCUに入院となってしまいました。

すぐに抱っこできなくて残念でしたが、赤ちゃんに何かあったらこわいので、仕方ないですね。

 

後から主人とGCUへ向かい、保育器に入った我が子とゆっくり対面しました。

保育器の小窓からそっと手に触れてみました。

とても小さくて、でも力強く握り返してくれて、涙が出てきました。

家族3人の写真も撮りました。

この日は病室でゆっくり休んで、退院を心待ちにしながら眠りました。

 

結局、退院は2日延びました。

呼吸が安定しないのと、おしっこの量が少なかったようです。

大きな問題は無さそうとのことで、その点では良かったですが、やはりちょっとさみしかったです。

 

そしてついに小児科退院。

産婦人科の私の病室に帰ってきてくれました。

その日は主人も休みで、朝から心待ちにしていた私達は、もう嬉しくて嬉しくて。

抱っこしたり、写真撮ったり。

とても幸せな気分になりました。

 

今回の出産を経験して、お産は本当に何があるかわからないんだなとしみじみと思いました。

想像してた以上に大変で、予想外の事がいろいろありました。

しかし、我が子は本当にかわいくてかわいくて。とても愛おしいです。

産まれてきてくれありがとうと、心から思います。

著者:みっちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。