妊娠・出産・育児の情報サイト


我慢大会。

f:id:akasuguedi:20160620090652p:plain

妊娠34週から37週頃にノンストレステスト(NST)があると思います。そのことについて書こうと思います。

事前に何があるかなど言われておらず、いつも通りの時間に終わるだろうと受診後に予定をいれていました。名前が呼ばれて「今日は検査しますねー。」と言われいつもと違う部屋に移動。ベッドに横になりお腹にモニターをつけられる私。元々くすぐったがりな私。モニターの位置決めに触られるお腹。噴き出しそうなのを必死で耐えていました。

モニターをつけ終わり「そのまま仰向けでいれますか?」「10分後にまた来ますね。」と言われベッドに一人。そこまで仰向けはしんどくなかったですが、上を向けば何もない天井。よこを見たら壁。することのない10分間。動かないお腹。少し退屈でした。でも聞こえてくる心音に安心したと同時に『あぁ。お腹にいるんだ。生きてるんだ。お母さんなんだ。』と実感できました。10分後助産師さんが来てくれて『あ、終わる。』と思った矢先。言われた一言「うーん。起きてないねー。起こそうか。」『ん?起きてない?起こす?』?マークいっぱいの私に

『ぶぶぶぅぅぅうううううう!!!!』「?!!!??!!!!!!」

ドンッ!!

いきなり当てられたバイブのようなもの。赤ちゃんを起こすものらしいのですが、そんなこと知らなかったしいきなりでビックリしたのと、くすぐったいのと、赤ちゃんがビックリしてお腹に蹴りを入れるというトリプルパンチ。笑いを堪えましたが、顔はニヤニヤしていました笑(たまたま助産師さんも言うのを忘れていたみたいです)「また10分間見ますね。」

と言われ去っていく助産師さん。結局この後同じ行為を二回しました。時間もいつも以上にかかったので予定をズラしてもらうことになりました。受診後の予定は時間多めに見た方がいいですね。

とはいえバイブ?を当てられた時は『何するねん!』と蹴るのにすぐ寝る我が子。どんな子が産まれてくるのか楽しみな経験でした。

著者:かな

はじめての妊娠。出産もまだなので不安いっぱいですが日々楽しそうなことを探して生きております。私の経験が役に立てれば嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。