妊娠・出産・育児の情報サイト


測ってみたらEカップがAカップに?! 思わず真顔になった衝撃のおっぱい消失事件

f:id:akasuguedi:20160614105448j:plain

産後の体型変化、一番気になるのは「こ、このふくらんだおなかは戻るの!?」というところだと思いますが(そしてあまり戻りませんでしたが……)、実際はおなか以外もいろいろと変化しました!その中でも一番衝撃を受けたのがおっぱいです。

産前も決してやせ形とは言えない私のブラジャーのカップはEカップ。

左右に広がってより太って見えるのがいやで、ブラジャーはかなりしっかりホールドするタイプのものをつけていました。

ところが、妊娠してみると苦しくてそんなに固いブラをつけていられず、産後も楽ちんを最優先した結果、ナイトブラのような柔らかいブラでほぼ1年を過ごすことに。

 

さて、復職時期も迫ってきたし、そろそろちゃんとしたブラでも買うかな~と思ったある日のこと。

まだ赤ちゃんが小さくてなかなか試着もしにくいので、通販で買うことにして、自分でおっぱいのサイズを測ってみたんです。すると……

え?アンダーとトップの差が10センチ?

10センチしかないの?

それって……Aカップってこと!!!!!?????

まさかのおっぱい消失事件……私のEカップはどこへ行ってしまったのか!!

しかし通販サイトのサイズ表を何度見直しても、そこにはAカップの文字が無情に光るのみ。思わず真顔になる私。

しかし、涙を呑んで注文したAカップのブラジャーが届いてみると、どうがんばってもおっぱいがカップに収まらないのです。なんで?どういうこと?

混乱した私はちょっと悩んだ結果、「もうこうなったらプロに測ってもらおう!」と決め、夫がお休みの日に赤ちゃんを夫に預けて、1人で新宿伊勢丹へ出かけました。

久しぶりに足を踏み入れる伊勢丹は、それはもうキラキラとして眩しく、楽ちんを追及して生きてきたこの1年の自分を呪いたくなるほど…。

下着売り場でしばらくうろうろして呼吸を整え、にこやかに微笑むスタッフさんにいざ、お声がけ!「産後のカップサイズがよくわからない」「仕事用にしっかりホールドタイプのブラを揃えたい」ということを伝えると、速やかに試着室に案内され、スタッフさんがサイズ計測してくれました。

結果はEカップ!

アンダーこそ少しアップしていたものの、カップ数は実は産前と変わりないことがわかったのです。

「えっ、でも、自分で測ったら……」

ともにょもにょ説明すると、妊娠どころか結婚もまだまだ先であろう若くてぴっちぴちのスタッフさんはにこやかに、

「出産されると、どうしてもバストの上部のボリュームが削げて、トップも下がってまいりますので、バストが小さくなった!とおっしゃるお客様は多いんですよ」

と説明してくれました。

「でも実はカップ数は同じ、ということがほとんどです。下着でしっかり整えれば大丈夫ですよ」

と微笑むスタッフさんに恐縮しつつ、お見立ての中から1点を選んでお買い上げ。

もちろん伊勢丹価格なので、若干痛い出費にはなりましたが、Eカップ宣言にほっとして心軽やかにお支払いしました(笑)

 

それにしても、試着室の大きな鏡で久しぶりにじっくり見た自分の姿……おなかまわりはともかくとして二の腕や肩、下半身もがっちり、むっちりとして、体重以上に大きくなっていることは明らか。

結局、問題はおっぱいだけではないという現実と向き合うことになったのでした。

f:id:akasuguedi:20160403125202j:plain

著者:中村ユイ
年齢:36歳
子どもの年齢:生後8ヶ月

アパレルメーカーを中心にマーケティング・プロモーションの制作担当としてキャリアを積み、WEBメディアの編集者に。仕事一筋の人生を送る予定が奇跡的に結婚。順調に出産までしてしまい、当初の予定とのあまりの違いにおろおろする日々。産前産後で一番辛いことはお酒が飲めないこと…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。