妊娠・出産・育児の情報サイト


そうだ、あるの忘れてた! 産後の生理、育児中ならではの悩みも追加…

f:id:akasuguedi:20160623112440j:plain

1年4ヶ月ぶりに生理が来ました。

4月初め、娘が保育園からもらってきた風邪に私もかかり、こじらせて喘息に。

病院で点滴をして自宅に帰ると、下着に出血の跡が!

「まだ母乳をあげているから、生理は来ないはず!」

「点滴をしたせいで不正出血をしているのでは?」

と看護婦さんに報告したところ、

母乳はあげていても、生理は来るよー」

と笑われました。

母乳をあげている間は生理が来ないというのは、間違った常識みたいです…。

 

長い期間なかったので、再び生理が来ることをすっかり忘れていた、私。

久しぶりになってみると、面倒くさいことこの上ありません。

産後、悪露対策のために買っておいた生理用ナプキンが数個残っていましたが、ナプキンを用意するということすら、生活行動から消えていました。

物理的な面はさておき、精神面の変化が一番やっかいです。

生理中の何とも言えない気分の上下が、子育てしていると邪魔で仕方ありません。

いつもなら寛大に捉えられる我が子の泣き声にイライラし、オムツを替えることすら億劫になります。

 

また、子どもと向き合っていると、トイレに行く時間がないほど忙しい時もありますが、普段なら何となく我慢しているタイミングでも生理中はそうはいかず、またイライラ…。

出産前は、腰痛や腹痛が辛いということぐらいが悩みでしたが、今は、生理中のイライラが子どもに悪影響を与えるのではないかという悩みに変化しています。

 

そして、最大の問題は、母乳の量が減ったこと!

生理再開をきっかけに母乳が減ったのか、母乳の出が減ったから生理が来たのかは謎ですが、以前は、朝起きた時点でパンパンに張っていたおっぱいも、今ではぷにぷに状態に。

完全母乳で育てていることだけが唯一の自慢でしたが、母乳だけでは足りず、今はすっかりミルクのお世話になっています。

 

生理が終了してしまう年齢ではないので、仕方ありません。

とはいえ、1年以上なかった日々を思い返すと、それはもう、快適そのもの。

あの快適さを経験してしまうと「無くてもいいかな?」と思えてしまうのは、女性らしさが低下しているってことでしょうか?

f:id:akasuguedi:20160402232150j:plain

著者:BB_TAO
年齢:40歳
子どもの年齢:9ヶ月

7歳のチワプー(チワワ×プードル)と5歳のマルチーズの犬ママ、そして40歳初産の新ママ。娘に振りまわされながらも、翻弄される喜びも感じているバカ親。4月から仕事復帰したが、子育ての両立の難しさにただただ困惑中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。