妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩のはずが…

f:id:akasuguedi:20160629150450p:plain

無痛分娩で出産を予定しておりました。

出産予定日より一週間早めに入院をして、麻酔のための管を通す予定でした。

しかし、入院日当日の朝に破水してしまいすぐに病院に…!

無痛分娩ができないのかととても不安になったのですが、幸いまだ陣痛は来ていなかったので管を通すことができました。

その日は軽い陣痛はあったのですが、本陣痛ほどではないので、翌日に促進剤を使用することに!!

私の場合は破水をしていて24時間以内に出産しないと子どもが感染症になることがあるとのことでした。

促進剤を使い痛みが我慢できなくなったので麻酔をお願いしましたが、それと同時に促進剤の量も増やされてしまい痛みがましになることはなかったです。

幸いなことに子宮口が全開になるのがまだ早く、本陣痛から六時間で出産できました。

しかし、産むときも男性のお医者様にお腹をおされ、苦しくて死ぬかと思いました。

無痛分娩とはいっていましたが、後で先生に無痛分娩やったのにごめんねー。早く産まなきゃ危険だったから促進剤入れたから痛かったよねと言われました。

無痛分娩だったので、もしかしたら少しは痛みがましだったのかもしれませんが、それでも十分痛かったし怖かったです。

当分は痛みの恐怖が残っていました。

今は子どもも一歳になり二人目も考えたりします。でも懲りずにまた無痛にすると思います!

 

無痛にすることに対して周りの目を気にする方もおられると思いますが、気にすることはないと思います。自分の意思を大事にしてください。

無痛であろうと子どもを思う愛情が少ないとかそんなことを思われる方がいますが、そんなことはないです。

子どもが嫌いだった私が自分の子どもは可愛いと思えるのですから!

子どもを産むと色々考え方も変わりますし(笑)

子は宝です。

 

著者:あお

31歳女です!

甘ったれた性格の私が母親になったもんだから大変(笑)

自分の時間がないと泣くこともあります。

でも、親も成長の途中ですし、子どもと一緒に大きくなるつもりで毎日バタバタしてます。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。