妊娠・出産・育児の情報サイト


検診後のごほうび

妊娠中につきものなのが体重管理。

特に私は妊娠前から暇さえあれば甘いものが手放せないたちだったので、友人たちから聞く体重管理に対して軽い不安を持っていた。

でも、まぁ、どうにかなるでしょ!と軽く捉えていた。

妊娠するまでそんなに体重管理が必要とか思ってもいなかった。

体験してみたいとわからないっていうのは、本当その通りだ。

 

娘を授かる前に一度だけ流産を経験した。

初期だし、原因は不明とはいえショックで、自分を責めたり落ち込んだり。

そのはけ口は食へと向きすっかり体重は増え…

そんな矢先、ありがたいことに妊娠した。

 

今度は生まれてくるまで慎重に過ごそうとしたのに加え、つわりなのかとにかくだるくて眠くて、食べること大好きな私が食より睡眠!状態になったため体重はさほど増えずにいた。そう、妊娠初期までは。

妊娠中期を迎え安定期に突入した途端、つわりが消え去り、食欲がフツフツと湧いてきた。

加えてお世話になった産婦人科が体重管理に厳しいところなので、検診までは気をつけるが、受診の帰りにごほうびとして好きな物を食べる日々を過ごし、気がつけば16キロ増えていた。

私の母子健康手帳にはカロリー制限のハンコが並んでいる。

無事出産できたが、むくみが酷くしばらくは漢方薬のお世話になった。

我慢できたら足首が無くなるまで浮腫まなかったかな…という後悔は少しあるが、怒られるかもとちょっとドキドキしながら過ごすごほうびタイムは本当に幸せな時間だった。

でも、唯一の楽しみだったごほうびタイムも1人目だからできたのかなぁと思う今日この頃。

 

体重管理はしっかりとした方がリスクは減らせるのは確かだ。

食べたい!を我慢することがストレスにならないようにうまく付き合うことが必要だ。

 

著者:ミキ

1歳の娘と対等に言い合いする日々。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。