妊娠・出産・育児の情報サイト


あっという間の出産

おしるしが昼間にきたので、数日以内にお産になると思いました。その日の夕方から何だかお腹がうっすら痛いような感じがして、前駆陣痛だろうと思い、早めに入浴しました。初産なので、長期戦を覚悟していました。

18時30分頃から15分おきに1分くらいの痛みが出てきました。でも動けてしまうので、まだ大丈夫だろうと思っていたら、20時には10分おきに。22時には5分おき。病院に着いた頃には3分おきくらいになって、子宮口は5㎝開いてました。下腹部が割れそうな痛みが続きました。腰や肛門が痛くなると思っていたのに、痛いのはお腹だけ。

楽な体勢を探しましたが、どんな体勢でも痛くて身の置き所がありませんでした。騒がないつもりでいたのに、痛みに耐えられず「痛い」と何度も絶叫。陣痛室から分娩室に歩いて移動だったので、痛みに耐えながら歩きました。

1時45分に助産師さんの診察とともに子宮口は全開大となり、破水

破水は水風船が弾けるようにパシャっとなりました。

いきみをしてよいと言われて、いきむも声が漏れてしまう。練習していたが、なかなか上手くできなかったけど、助産師さんの声かけとともにできるように。いきむ度に足がガクガクしました。

先生が来て会陰切開され、切られるときはザクッと聞こえ、痛かったです。

2時16分に3470gの男の子を出産。子供が出てくる時にはツルンッと硬いうんちがスッキリ出た感じでした。

赤ちゃんの産声を聞いたら瞬間、陣痛の辛さは吹き飛びました。無事に産まれたことに安心しました。

先生が「へその緒が短いから少し下にきて」と、疲れはてている中で体を分娩台の下の方に移動。

会陰切開部を縫う際に麻酔をしてくれましたが、麻酔がとても痛い。麻酔をしているにも関わらず、縫われるのも痛い。陣痛や分娩よりも痛かったです。

出産時間は約8時間。初産にしてはスピード出産でした。

産後会陰切開したところが痛くて、円座なしでは座れませんでした。

著者:もも

2016年6月13日に第一子 男の子を出産した新米ママです。里帰り出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。