妊娠・出産・育児の情報サイト


孤独で涙が溢れてくる…。人生で1番弱っている時に襲ってくるマタニティーブルー

f:id:akasuguope01:20160330175949j:plain

最初マタニティーブルーは妊娠時にだけなるものだと思っていました。確かに妊娠期は妊娠前より精神的に不安定になっていたので、「これがマタニティーブルーかあ」と納得していました。

初めての妊娠で不安もあり、小さな命が宿っている緊張感とどんどん不自由になっていく体。この辛さも出産で終わるんだなあと思っていた時に友人の一言。

「出産より出産後の方がつらいよ。マタニティーブルーもあるし。」

予定日まで2週間強。最後の検診では全然子宮口は開いていなかったのですが、まさかの本陣痛が。あれよあれよと出産の時を迎えました。

無痛分娩を希望していましたが、麻酔を打つ時間もない程のスピード出産。

最初無痛分娩ではなく普通分娩でいくという話を聞いた時は恐ろしくなってしまいましたが、なんとか無事終えることができました。

産後はアドレナリンが体中をまだ駆け巡っているせいか、全然眠くならず後陣痛などの痛みもあまり感じませんでした。

辛いのはこのアドレナリンが切れてからでした。

 

幸い後陣痛はありませんでしたが、縫合部の痛みがじわじわと来ました。

そして、無事出産を終えて嬉しいはずなのにもうお腹に赤ちゃんがいないんだな、という寂しさが心の片隅にあるのです。

 

それでも入院中は授乳のトレーニングや沐浴指導などがあり、特に寂しさに浸る余裕もなく入院期間は過ぎていきました。

貧血がひどく増血剤を注射したり、授乳の仕方が悪く乳首から出血したりしましたが、無事退院。

両親が共働きということと、夫が休みをとれるということだったので里帰り出産はせず、退院後は自宅に戻りました。

 

しかし予定日通りに産まれていれば夫の休みも2週間程取得できたのですが、予定日より相当早く産まれたため、夫の仕事の大きな締め切りと重なることに。

どうしても休めないということで、夫は一週間で仕事復帰しました。

産後2週間なんて全く体力は回復していません。子どもも生活リズムが整っているはずもなく、2~3時間ごとの授乳におむつ交換。授乳時間もまだ1回に1時間近くかけていました。なので実質2時間間隔で授乳の状態。

立つのもやっと、円座シートがなければ座れない、お尻が痛いから仰向けにも眠れない。沐浴も立ちくらみをおこしながらなんとかやっていました。

 

そんな状況で日中は1人で子どもと過ごすことになったのです。出来るだけの家事はやってくれていたのですが・・・。仕事だからしょうがないとは思うのですが・・・。どうしても1人で赤ちゃんを育てているという孤独感があふれてきてしまいました。

産後に感じ始めたお腹にもう赤ちゃんがいないという喪失感との相乗効果で涙が止まりません。

 

その後1週間ほどで夫の仕事も落ち着いて早く帰ってこられるようになり、少しずつ子どもも生活リズムが整ってくるように。

 

しばらくして、他のママさんの話を聞くと自分より大変そうだった人もいたりして、「自分だけじゃないんだ。」という安心感も生まれてくるようになり、精神的にも落ち着いてきました。

産後は自分でも驚くくらいネガティブになってしまいましたが、しょうがないことだったんだと今では思っています。

f:id:akasuguope01:20160330191757j:plain

著者:puniko
年齢:29
子どもの年齢:9か月

妊活10か月ちょっとで初めて出来た子どもです。両方の実家が日帰り旅行くらいの距離にあるため、普段は夫と二人で育児に奮闘しています。実家との付き合い方や夫への気持ち、子どもの成長など日々喜んだり怒ったり・・・。まだまだ新米ママですが子どもと一緒にちょっとずつ成長できるよう頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。