妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱい星人の卒乳

我が家は自然卒乳を目指していたので、本人がやめたくなる時まで任せていました。

完母から離乳食が始まっても、おっぱいは離さず。保育園に行きだしても帰宅したら即おっぱい。夜は添い乳で寝付いていました。しゃべれるようになってもそれは変わらず、2歳が過ぎた頃には夜寝る時だけでしたが卒乳する気は全くないようでした。

「いつやめる?」と尋ねると、「小学生!」との返事。

正直、3歳も過ぎてくると、噛まれて痛いときもあるし、もうやめたいなぁとこっちが思ってしまって。「いつやめる?」「明日!」でもその日が来たら「やっぱりやめない!」でも、おっぱいを吸いながらスヤスヤ寝付く様子を見るとかわいくもあり、、。

ちなみに、発達には何の問題もなく、今まで虫歯にも一度もなっていません。

やっぱり男の子だからおっぱいが大好きなのかわかりませんが、ついに4歳も過ぎ、卒乳はいつか待ちわびていた頃、突然、「ぼく、もうおっぱい吸わない」と宣言して、それから吸わなくなりました。

突然来た卒乳のとき。

実はそのとき二人目を妊娠していました。まだ私も妊娠に気づいていなかったときで、味が変わったのか、何かを感じとったのかわかりませんが。もう寝る前しか飲んでいなかったので、おっぱいは何の処理も必要なく自然卒乳できました。

著者:なおきんぐ

2児の母。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。