妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりの症状、食べれたもの

f:id:akasuguedi:20160708195243p:plain

つわりの時期は妊娠発覚時(5週目)から6か月に入ったところまでありました。

特に妊娠初期がひどく、吐きづわりと食べづわりに苦しめられました。空腹になるとすぐ気持ち悪くなるので、常に一口カステラとバターロール、ウイダーインゼリーを持ち歩き、電車の待ち時間や休憩中に食べていました。たくさん食べると気持ち悪くなるため、少量をこまめに食べるように心がけていました。食べるものもその時食べたいものを食べるようにして、よく食べていたのは梅ふりかけのおにぎりと納豆、アボカド。吐きづわりがひどいときはそうめんだけやりんごをすりおろしたものだけということもありました。

寝るとき枕元には常に飲み物とこんにゃくゼリーを常備。夜中空腹で気持ち悪くなったら、食べるようにしてとにかく空腹をさけるようにして乗り切りました。

 

あととにかくにおいに敏感で焼きそばのにおいとご飯の炊きあがりのにおいがダメでした。旦那のにおいが苦手な時もたまにあり、申し訳なく思いながら、「歯磨きしてきてほしい。」とか「ガム噛んでほしい」とか言ってました。

 

体調が悪いときは一日寝込むときが何日かあって、旦那に家事はすべてお願いしました。私は専業主婦なのに家のことができないっという罪悪感はあったのですが、つわりがひどすぎて体を休めることが一番と思っていました。

「安定期に入ったら解放される」って思っていたら、そうでもなく、一日中ではないものの朝晩はムカムカ。夕方ご飯を作る時間が気持ち悪くなるので、夕食を早めに作り17時には食べ、19時以降は横になる生活でした。

 

私はもともと胃腸が強くないので、腹痛、下痢に苦しめられることもありました。

一度スーパーで買ってきた天ぷらを少したべたら、夜中に腹痛、下痢、嘔吐の嵐。

主治医や看護師さんに、「妊娠中は免疫が下がっているし、古い油を使った脂っこいものを食べるとお腹にくるから気をつけてね」と言われました。それ以降市販のお惣菜は食べていません。

著者:ひよこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。