妊娠・出産・育児の情報サイト


産み分け法で待望の女子妊娠。そして念願の家族みんなで立ち会い出産。

予定日まで約1週間前。そろそろ産みたいと思い、たくさん歩こうと動物園へ行く。

2016/05/14

 

14:00ー16:30 4歳、2歳のお兄ちゃんたち、パパと動物園に行き、たくさん歩く。

17:00 焼き肉食べに行く。

21:00 ちょろっと尿もれ?オリモノ?の感覚があり。

お風呂はいる。おっぱいマッサージをする。

22:00ソフロロジーのCD聞きながら、胎動チェック

 

その間チョロチョロと水が流れる感じあり

痛みなし

様子を見ていいものか調べる

 

22:30 病院に電話する

破水かもしれないので、一度病院に来るように言われる。

23:20 病院到着。 検査する。破水してるので入院となる。

内診。子宮口1センチ、赤ちゃんの頭まだ高いところにあり、痛みもまだついてきてないので、パパたちに一旦帰ってもらう。

 

2016/05/15

00:00 陣痛らしき痛みの波がくる。腰が痛くなってくる。

 

まだ規則的ではないが大きな波あり

でも赤ちゃんよく動く

NSTの波動荒れまくり

 

01:00 なんどか大きな波の前駆陣痛

時々痛いと思ったら、遠のいてしまった

 

寝れる時に寝るが、腰が痛くて目が覚める。

 

02:00 時々お腹が張る程度。さっきほど痛くない

 

03:10 破水してるので、ベットで安静にするように言われる

 

05:50 看護師さんが来てNSTつけに来るまでぐっすり寝る

 

07:00 たまに張るくらいで、子宮口まだまだ固め、1センチ

 

10:00 先生の内診 2.5センチ

破水してから12時間経ってるので、感染症などにならないように、点滴で陣痛をつけることに(陣痛促進剤)

 

10:30 12ccから点滴開始。痛みが少しついてくる

パパ、ばぁばに連絡し、子どもたちが病室に来る。

 

30分ごとに量を増やしていく。

 

徐々に陣痛がついて痛くなってくる。

 

108mlまで上げる

 

夕方、点滴MAXの一歩手前でお産が一気に進んだ。

子宮口が開くためか腰の痛みが強すぎて泣きながら、いきみ逃し。

長男、次男も飲み物をくれたり、汗を拭いてくれたり、パパと一緒にずっと腰をさすったくれた。

 

もう無理!産みたい!いきみたい!って思ったら、陣痛の間隔も狭まり、子宮口も全開直前!

 

歩いて分娩室に行く。

 

17:55 分娩室へ。子宮口全開

ソフロロジー式分娩。

陣痛の波が来たら、フーと深く長く息をはくことを意識する。

 

パパ、子どもたちも「ママ頑張れ!赤ちゃん頑張れ!」と応援してくれる。

 

18:15 長女出産( 3022g)(49㎝)

 

3人の中で1番陣痛の痛みが強くて、破水も促進剤も初めてで、お兄ちゃんたち2人の時とは、全く違う出産になりました。

出血多量で出産後も点滴をしばらくつけてました。

そして2人目より痛い、後陣痛と戦いました。(笑)

 

3人目はどうしても女の子がよくて、病院でタイミング法による産み分けを始めて5ヶ月目で妊娠判明。

それが待望の女の子でした。

出産するその瞬間まで女の子と信じられなかったけど、生まれてきた子はお兄ちゃんたちによく似た女の子でした!

 

お兄ちゃんたちも産まれてくる瞬間をしっかり見て、何か感じるものがあったと思います。

無事に産まれてきてくれてありがとう。

家族みんながいる時に産まれてきてくれてありがとう。

家族みんなのアイドルで、みんなメロメロです!

 

著者:てるみん

現在30歳。長男2011年11月産まれ。次男2013年10月産まれ。2015年5月~タイミング法による産み分け開始。9月に妊娠判明。2015年5月長女出産。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。