妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮頸癌クラス3から多嚢胞生症候群からの妊娠

f:id:akasuguedi:20160708195243p:plain

結婚前から子宮頸癌のクラス3と言われ3年ほど検査に通っていました。その間に結婚しまして、猫を飼ったりで気にしないで暮らしていました。

しばらくすると頸癌の検査で異常なしで結果が出てきた時に子供を考えるようになり、そのことを伝え診てもらうと、多嚢胞生症候群と言われ、漢方を飲みながらも私は子供が出来ないかもと思っていました。

主人とも話しあったりしていましたが、出来たらラッキー!出来なければもう一匹猫を飼ったりと楽しめるとポジティブな主人に救われて、諦めかけて夫婦2人で楽しむ事していました。また生理不順で2ヶ月も生理がきていないしはやくきてほしいと思っていたところ、急な気持ち悪さに風邪以外で戻す事がなかった私が嘔吐。熱も出ず気持ちが悪いだけで少しゆっくりすると落ち着くの繰り返しで、まさかと思いながらも試しで検査薬をしてみると陽性が出ました。直ぐには信じられなく1週間後にもう一度検査をしてみようと思い2度目も陽性でした。嬉しさというより次は子宮外妊娠だったらとかと不安でいっぱいでした。そして病院で見てもらうと胎嚢があり妊娠がわかりました。

主人が喜んでくれた時に初めて安心して泣いていました。

子供が宿るということは奇跡に近いのだなと思いました。次は出産への不安はありますが、頑張るしかないので頑張ります!!この宿った命を大切にしたいと思います