妊娠・出産・育児の情報サイト


検査で分かった不育症

f:id:akasuguedi:20160713153922p:plain

妊娠3回初期に流産を繰り返してました。

産婦人科で血液検査をしてもらったら血栓ができやすいかもと言われたので、専門の産婦人科で再度血液検査をしました。

すると不育症と言われ、やはり血栓ができやすいのが原因でした。

妊娠したら再度来て下さいと言われ、無事妊娠すぐに産婦人科に行き治療が始まりました。

治療は一日2回の自己注射ヘパリンと一日置きにのむ薬アスピリン。自己注射は6週に行ったので10週まで続きました。自己注射はお腹に打ち慣れるまではほんとに怖くて痛くて大変でした。更に毎週病院でピシパニール注射を打ちに行き、ピシパニールを打った日は腕が腫れ夜には熱も出て、毎日自己注射もあったので凄く辛かったです。赤ちゃんの為にと頑張ってなんとかその産婦人科を卒業。一般の産婦人科に移りました。保険は効かないので費用は毎回4万~5万円。卒業するまでに全部で50万近くかかりました。治療の甲斐あってか現在8か月、産まれてくるまではまだまだ不安だけど、先生を信じて頑張ってきて良かったと思います。

不育症はあまり知られていないけど、治療すれば赤ちゃんは育ちます。希望を捨てないで頑張って下さい。

著者:ぐら。

妊娠8か月31週

初産

ハマってる事 ご当地キティ集め

好きなアーティスト EXILE ATSUSHI

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。