妊娠・出産・育児の情報サイト


やっと会えた!

妊娠がわかってすぐ、7週で出血し、その後安定期が入ってからも何度か出血し、産まれるまでの10ヶ月間のほとんどを自宅安静で過ごしました。

臨月に入っても、なかなか子宮口は開かず、前駆陣痛が始まったのは40週に入ってからでした。

予定日の5日前におしるしがあり、その日から夜になると猛烈な陣痛が7分おきにありました。

3日間耐えましたが朝になると弱まってしまい、夜は寝られず、へとへとでした。

5分おきになった日の朝に入院しましたが、病院に着くと陣痛は弱まり、次の日の朝から促進剤を打つことになりました。

点滴で薬を入れた途端に、30分間休みなしの陣痛がきました。12時間以上促進剤をしましたが、なかなか降りてこず、恥骨で頭がはさまっていました。

 

私もつらい時間が続きましたが、息子も相当辛かったようで心拍が一度落ちました。

それをきっかけに帝王切開をすることになりました。

麻酔自体は、陣痛の痛みがあったので全く感じませんでしたが、術後、麻酔が切れ、痛み止めが効くまでの30分間、意識を失うほどの痛みがありました。

痛み止めが効くと痛みは全くありませんでしたが、いざ立つときには体を思うように動かせず、貧血もありフラフラでした。

 

費用は補助があり、3万ほどですみました。

 

産後すぐに母乳が出ず、苦労しました。母乳をたくさん出すためにも病院食は全て完食を心がけました。そのおかげか、退院後10日で完母になりました。

著者:けい

旦那の帰りが遅いので平日はほぼ1人で育児をしています。結婚をしてから引越しをしたので、友だちも頼れる人もいない土地でがんばっています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。