妊娠・出産・育児の情報サイト


基礎体温が、はっきりしなくて。。

f:id:akasuguedi:20160715233706p:plain

私が基礎体温表をつけ始めたのは、入籍してすぐのことでした。

きっかけは、当時通っていた産婦人科の先生に『子どもを望んでるのなら、今から基礎体温つけ始めた方が良いよ』と言われたからです。

その頃はまだ仕事をしていたので、本気で妊活をしていたわけではありませんでしたが、生理周期を知るためにも良いかなと思い、軽い気持ちで始めました。

 

使用したのは無料のアプリ。

次の生理予定日や、排卵日なども予測してくれる、とても便利なアプリです。そこに基礎体温だけでなく、エッチした日なども記録してました。

基礎体温アプリをつけ始めて1年…この1年まったく子作りをしなかったわけではありません。半年前に仕事も辞めて、本格的に妊活を始め、基礎体温アプリで予測される排卵日目掛けてエッチする…タイミング法ってやつです。

しかし、私の基礎体温は、素人目には低温期と高温期がわかりにくく、よく体温が『ガクッ』と下がった時に排卵して高温期に入ると言いますが、全然わかりませんでした。

なので予測するために薬局で買った排卵検査薬も使いました。

それでもなかなか妊娠しない自分に、焦りを感じ始めました。『もしかしたら、自分は妊娠できない身体なんじゃないだろうか。。』

その頃には、旦那とのエッチも、お互いの身体を求めるようなものではなく、『子どもを作るための行為』になっていて、排卵日近くに旦那からエッチを断られると、それがきっかけでケンカになったりと、精神的にもツライ時期でした。

 

そんな環境を打開しようと、自宅近くの産婦人科に妊娠できる身体か検査を依頼しました。ブライダルチェックってやつです。ちょうど市の助成の子宮頸がん検診の年だったので、一緒に調べてもらいました。

まずはこのわかりにくい基礎体温表…しかし、先生が見ればそれははっきりとした基礎体温表だったらしく、次の排卵日も予測してくださいました。

先生が言うには、生理痛が重いのも、妊娠しにくいのに関係してるみたい。。

次に膣エコーです。エコーで見た私の卵巣の中には、卵胞が沢山できてました。

できていること自体は良い事なのですが、でき過ぎは競争率が激しいらしく、今回の排卵では妊娠は難しいとのことでした。

とりあえずこの日はここまでで、がん検診の結果を1週間後に聞きに来ることになりました。次の病院までの間に、先生に予測していただいた排卵日が来るので、久しぶりに旦那と求め合うエッチをしました。

というのも、病院へ行ったことで自分が妊娠できる体だとわかり、肩の荷が降りたというか、気持ちが楽になったから。

 

そして数日後…自分の身体の異変に気付きました。生理が来ないのです。

『もしかして??』と思い、逸る気持ちを1週間抑え、妊娠検査薬を使ってみると…まさかの陽性!

妊娠6週に入ってから病院へ、恥ずかしい気持ちと嬉しい気持ちがごちゃごちゃの状態で行き、ただ検査結果を聞きに来ただけだと思っている先生に『できたかもしれません』と伝えると、先生は笑いながら『見てみようか』と膣エコーしてくださいました。

結果はもちろん『おめでとう』ちゃんと子宮内に着床しており、今では妊娠9ヶ月です。

 

基礎体温表をつけることも大切ですが、1番は気持ちかなって思いました。

旦那と仲良くすること。身体の健康だけじゃなく、心もゆとりを持たなきゃいけないこと。ストレスは1番の足枷ですね。

『競争率が激しくて今回は難しい』と言われた中、今もお腹の中で成長してくれている娘にとても感謝しています。

著者:にゃんこ@ABC

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。