妊娠・出産・育児の情報サイト


会陰切開

f:id:akasuguedi:20160716220034p:plain

辛い陣痛を乗り切ったあと、いきめる状態になって1、2度いきんだ後に、出口が少し硬めで赤ちゃんのしんどいサインが出ていました。

局所麻酔は陣痛とは違うやはり注射で刺されるチクっとした痛み。陣痛の痛みとは比べものにはなりませんが。

その後、陣痛とともにいきみながらメスで切開

切られている感覚はありますが痛みはありません。

分娩後、吸収糸で縫われますが、局所麻酔が効いてなかったらもちろん痛いので、しっかり効かせてもらった方がいいです。糸の通ってる感覚なんかはわかります。

 

分娩後2、3日は傷が痛むので、痛み止めを使いながら、円座クッションは必須です。これがないと授乳もできません。

退院のときには痛みはだいぶ楽になっています。私は円座もいらないくらいになりました。

 

辛かったのは便秘です。

傷が痛むのでいきみにくいのと、いきむと傷が開くような感覚になります。

もちろん多少いきんでも傷が開くことはありませんが、もともと便秘の方などは早めに緩下剤など飲んでおいた方がいいかと思います。

著者:ray

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。