妊娠・出産・育児の情報サイト


高血圧!出産後、分娩台で6時間拘束された。

f:id:akasuguedi:20160716220034p:plain

現在、第二子妊娠中で、8月には二児のママになります。

一人目の出産が少しトラウマぎみで、直後は、次の出産は帝王切開がいい!と思ってしまいました。

 

妊娠中はつわりも軽く、立ち仕事、夜勤もありましたが切迫にもならず、無事に産休まで働きました。

妊娠初期から血圧が少し高いと指摘はされましたが、不規則な仕事がら、食事は帰宅後の夜遅くコンビニ弁当ばかりで、産休に入るまでに体重は+10kgでした。

里帰り出産だったので、里帰りまでは近くのおじいちゃん先生がやっている小さなクリニックに通っており、血圧も体重も気をつけてね~くらいでした。

いざ、里帰りして出産する病院に検診に行くと、毎回血圧は高く、測り直し。血圧160以上だったら帝王切開かもね!なんて言われていました。

 

出産予定日の2日前から徐々に陣痛が来て、尿漏れ破水と勘違いし、40分かけて出産する病院へ夜間に救急外来受診。

破水しておらず子宮口も3cm、陣痛も不規則だったので帰宅指示。

ただ血圧が高いので、明日、血圧高かったら再度受診してね!と言われ、また40分かけて帰宅。

 

帰宅している間に陣痛がとても強くなり、徐々に規則的に。

お風呂に入るも休まらず、結局寝られず、朝、血圧が150台になっていました。

陣痛も規則的に来ていたので、母親に高速道路をかっ飛ばしてもらい受診し、子宮口7cmで即入院となりました。

陣痛室には1時間程しかおらず、すぐに分娩室に案内され、血圧が高いから降圧剤の点滴をする旨を伝えられました。

助産師に点滴の針を入れてもらうも、まったく入らず、2回失敗。

医師に代わり、右手の甲に針を入れるが漏れてしまい、結局、左の肘の内側に点滴の針を入れました。

陣痛で何度かいきんで子どもの頭が骨盤にきた頃に、昇圧剤を入れているのに、血圧が200台になり、さすがに目がチカチカ、吐き気に襲われました。

 

医師から『このままだと母子共に危険!頭が骨盤まで降りてきてるので、帝王切開ではなく、会陰切開して、早急に出します』と説明を受けました。

陣痛が痛くて、会陰切開の痛さなんて気にならない!なんて言ってる人もいるみたいだけど、陣痛も痛いし、会陰切開も痛かった!そして切開した時に、血が医師のメガネに飛び散りました。

出産は、陣痛の時にお腹を別の医師が押し、担当医師が子どもの頭をぐいーーっと引っ張り、宇宙人の様な頭をしている我が子が出てきて、元気よく産声をあげ、良かった!無事産まれた!と涙ポロリしました。

 

が、そこからが地獄の始まりでした。

処置をしますね~と子どもは一旦退出、戻ってきた時には、鼻に管を入れており、保育器に入ることに。

後で聞いたら、一過性過呼吸?というものだったそうです。

その後も休まる事なく、会陰切開の縫合がとても痛い!子宮の中を確認する為に医師が手を入れてぐりぐりするのも痛い!排尿なくて、尿の管を入れらる!と想像していないことばかり。

そしてなにより血圧が下がらず出血も多く、何も説明がないまま分娩台に放置されました。

やっと解放された頃には、出産後6時間経過していました。

会陰切開の所が痛くて車椅子に乗れず、歩いて病室に行くも貧血で目眩が起こり、ベットにそのまま横になりました。その日は食事は取れませんでした。

入院中は毎朝、鉄剤の点滴をし、その時も点滴の針が入らず何度も失敗されました。

会陰切開の所が痛くて痛み止めと円座は手放せず、痛み止めが切れると何をしてても激痛でした。

この痛みは抜糸するまで続き、入院中に全て抜糸予定でしたが、しっかりと傷が治っておらず、1ヶ月褥婦検診まで痛みが続きました。

 

でも一つだけ嬉しかった事は、出産の次の日7Kg減っていた事です。しかし入院中、出された食事をしっかりとっていたら、4kg戻りました。

結局、妊娠で14kg太っていました。

妊娠中の体重管理!って本当に大切です!!

と言いつつ、現在ちゃくちゃくと太っております。前回よりはまだ太っておらず、血圧も低いくらいですが。

著者:んち

現在、産休中!2014年第一子、男の子出産。2016年夏に第二子出産予定です。ゆるーく、家事、育児、そして、ちょっと仕事復帰してまた産休。他のママさんみたいに頑張れない、だめだめママです(^^;;

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。