妊娠・出産・育児の情報サイト


出産時の呼吸法

出産までに、病院で後期妊婦教室があり、そこで呼吸法も教わったものの、実感が湧かず出産までには忘れていました。

いざ、陣痛が始まり、助産師さんにその場で言われた通りに必死に呼吸をし、乗り切りました。

 

具体的には、陣痛がきたときに、「ふぅ~~」と息を吐くことに集中して、痛みの波を乗り越えます。

その際、痛くても目を閉じるなと言われました。

この「ふぅ~」でひたすら陣痛の波を乗り切り、子宮口が開くのを待ちます。

それまでに、いきみたくなり(トイレの大をしたいかんじ)ましたが、子宮口があくまではいきむなと助産師さんに注意されました。

必死にいきみたいかんじをこの呼吸で乗り切り、いざ、子宮口が最大に開き、いきんでオッケイと言われたので、2、3回ほどいきみました。

最後、「もう、出てくるよ~」と言われたときのいきみは、大きなタンスを1人で持ち上げる時に出るくらいの声が「うぉぉぁぉぉおお~~!!」とでて、自分でもびっくりしました!笑

そのいきみで、赤ちゃんの頭が出た後は、細かく「ふっふっふっ」と息をすると、ずるんっ!と赤ちゃんがでてきてくれました!

比較的安産でしたが、この時の感覚は一生忘れません!

著者:はち

初産で元気な男の子を出産しました!ただいま生後6ヶ月!毎日の成長が楽しみです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。