妊娠・出産・育児の情報サイト


予想外の吸引分娩!

出産予定日から5日が過ぎた日、夜中から便秘のような腹痛があり、朝起きてトイレに行っても治まらず。

便秘だしな~と思っていたら、母が『便秘の痛みにしたら多すぎる!』と間隔を測ると15分前後で痛みがきていたため、病院に電話。

入院準備持って来てとのことですぐ病院へ。

 

病院に着いた午前11時の段階で、子宮口はすでに5センチ。

このままだと夕方には産まれるからと県外にいる旦那に連絡し、何とか仕事を切り上げて来てもらうことに。

その後も子宮口7センチまでは順調にひらき、痛みもまだまだ我慢できるほどで、そろそろ陣痛室に行こうとなり陣痛室へ。

 

そこでも陣痛はなかなか強くならず、間隔も3分くらいから短くならず…時間だけが過ぎていき、陣痛室に入って3時間程たったころ、子宮口は9センチ開いてるからと隣の分娩室へと移動。

しかしそこでもなかなか間隔が短くならず、いきみたい感覚もあまりなく、陣痛の間は余裕もあるくらいの陣痛の弱さ。

自分でもこれ、産まれる気配ないよね?と思いながら、なんとなく波がきたときにいきむ。笑

 

分娩室に入って2時間程たったころ、先生が診察にきて、『あーこれ吸引するわ!』の一言!!

どうやらギリギリまで動きまくっていた娘が横を向いたまま動けなくなり、そのせいで陣痛もなかなか強くならずにいたみたいで、吸引しますとのこと。

その頃の私は、とにかく何でもいいから早く産みたい一心で早く吸引して欲しかった。

吸引するものは本当にトイレのスッポンみたいなやつで、助産師さんにお腹を押され娘は頭を吸引されながらやっと産まれてきました。

 

結局夕方に産まれると言われていたのに、夜の10時に産まれてきた娘。

病院に着いた時点ではちゃんと下を向いていたのに、そこから動きすぎて元に戻れなくなったみたいで。

吸引のおかげでガッツリ会陰切開されたのはいうまでもなく。

そんな娘もいまでは8ヶ月になり寝相が悪く、布団の上で動きまくってます。!

著者:モン吉

夫と8ヶ月の娘と3人暮らし。毎日帰宅の遅い夫とは朝しか顔をあわせず淋しいですが、かわいい娘との時間が幸せです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。