妊娠・出産・育児の情報サイト


想像していた以上に辛かった陣痛から出産までの格闘体験

f:id:akasuguedi:20160716220034p:plain

予定日超過3日目の日曜日、5~10分隔の痛みを伴う陣痛が来ました。

この時の痛みは息を止めてしまうくらいの程度。

2~3時間続いたため、この程度かな?と疑問を持ったものの念のため、産院に状況を報告。

おしるしも来ていたため入院の準備をしてくるようにとの指示があり産院に行ったものの、NSTで測り感覚と強度が微妙かな、ということで様子見で入院することに。

徐々に痛みは和らいでいき、次の日の診察では一旦帰るということになりました。

フライング入院の恥ずかしさと予定日を超過しても出てきてくれないことに急に惨めになり泣けてきました。

 

一旦退院を決めた午後4時頃。

5分間隔の前日と同じ程度の陣痛が来たため、念のためNSTで測定、規則的に来ているとのことで院長より入院継続の指示がありました。

どうせ前駆陣痛だろう、また帰る羽目になるのかな。

そんなことを思いながら午後6時、急に痛みは増していき自分でも陣痛かも?と思うように。

この時の痛みは笑っていられないくらい。

ただ強めの前駆陣痛と似ていたため自分での判断は難しかったです。

 

午後8時には3~5分間隔の強めの痛みに変わり、ゆっくりと歩きながら陣痛室へ移動。

そこから深夜までは息が止まりそうになりながらも吐く息に集中して痛み逃しをしながら陣痛に耐え、まだ主人と話す余裕はありました。

深夜を回ってだんだん体力が奪われて行き、さらに眠気も襲ってきました。

主人も一生懸命背中をさすったり、いきみ逃しのためテニスボールを肛門にあててくれたり頑張ってくれていましたが、2人ともウトウトしながら余裕がなくなってきていました。

痛み逃しやいきみ逃しを上手にすると体力の方が奪われるらしく、長時間陣痛に耐えているうち朝6時には逃す力はほとんど残っていない状態に。

耐え切れず何度も助産師さんを呼び、まだ分娩室に行けないのか、まだ産まれないのか、すぐにでも促進剤を打ちたいと助けを求めるようになりましたが、朝8時に院長さんが来るまでは促進剤が打てないとのこと。

ゴールのない2時間をひたすら2~3分間隔の陣痛に耐え、それでも子宮口は8cmで止まり、赤ちゃんも下りて来ず、逆向きのまま。

眠気も疲労もピークに達し意識ないまま、とうとう8時を迎え院長さん承認のもと促進剤を打ちました。

そこからがさらに大変で、痛みは先ほどの倍、ほとんど残っていない体力で何とかいきみ逃ししたり、いきんで赤ちゃんを下まで下したり、最後はやけくそでした。

赤ちゃんを抱いた自分を想像して何とか痛みをごまかしたり、赤ちゃんも頑張っているんだと思い、がんばれ~ママもがんばる!と話しかけたり。

最後は赤ちゃんのため力を振り絞り、予定日超過5日目の午前11時無事3404gの女の子を出産しました。

最後は分娩室に移動して10分で産まれたらしいのですが、疲労や眠気でほとんど意識のない状態でした。

ただ覚えているのはわが子の産声が響いた瞬間でした。

やっと産まれた、やっと会えたという気持ちで一杯でした。

著者:ゆみころ

34歳で第1子を出産。慣れない育児に奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。