妊娠・出産・育児の情報サイト


男性不妊を乗り越えて

f:id:akasuguedi:20160718161105p:plain

私たち夫婦の中で『結婚=家族=子ども』というのが当たり前だったので、結婚後すぐに妊活を始めました。旦那も子どもを望んでいた為全ての検査に前向きで、抵抗なく受けてくれました。すると早い段階で男性不妊と分かり、すぐに泌尿器科の専門病院へ、半年にわたり漢方やあらゆる民間療法を試しましたが…数は増えるどころかストレスからか減りました。先生もお手上げになり、結局元の不妊治療のクリニックへ。

すると、一気に『無駄なお金と時間を使わせたくないから顕微受精にしましょう』と言われ、私達自身もダラダラ治療したくなかったので覚悟を決めました。私はフルタイムで働いていたので、通院と仕事の両立は大変でしたし、採卵時に卵巣過剰刺激を起こしたり、不妊治療は本当に辛いことだらけでした。にも関わらず、初めての移植は成功せず…身も心もボロボロになりしばらくお休みすることにしました。こんなに辛い思いをしてるんだから妊娠できるはずと心のどこかで思っていたのかもしれません。それと、私達夫婦にとっては経済的にも次の移植が最後のチャンスと決めていたので、直ぐにそれを実行するのがためらわれたのかもしれません。

とりあえず、休むと決めたので旅行に行ったり大好きなお酒を楽しんでいました。そのうち、夫婦2人で一生過ごすのも悪くないなと本気で思えるようになり、家を建てました。建築中も、もしかしたら子どもができるかもしれないし、ずっと2人かもしれないからと、あえて間取りのない家にしました。

すると、本当に信じられないことに自然妊娠しました。夫婦で半信半疑でしたし、クリニックの先生には『極めて稀な例ですね』とまで言われました。

人生は何が起こるか本当にわかりません。

結果的には、幸運にも自然妊娠しましたが、私達夫婦が5年間で不妊治療に費やしたお金や時間や苦労は決して無駄では無かったと今でも思います。

今、私のお腹にいてくれている赤ちゃんは全てを知って来てくれたんだと信じています。

 

著者:ゆぅ

不妊治療から妊娠までの奇跡

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。