妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりも病気、くらいの気持ちで!

f:id:akasuguedi:20160718161105p:plain

現在第一子妊娠4ヶ月目に入った妊婦です。

結構早いうちからつわりで食べられないものが大半以上になり、体重は10キロ減。職場で倒れたこともあり、皆の理解とご好意でしばらくお休みをいただいてます。とはいえ、体重は元々太り気味だったしこれくらいでむしろ標準、30キロ台になっちゃう人もいる、吐かない時もある、つわりが出る人は誰でもしんどいものでしょう…

と自宅安静で我慢していたら、検診時に尿ケトン4+がでてそのまま即入院となりました。

「皆こんなものかと思ってた、もっとひどい人もいるのだし」というのが正直な気持ちだったと話したところ、先生、看護士さんからは「つわりは病気ではないとは言うけれど、身体に不調がでるのはまぎれもない事実。元々の体格も体調も症状も人それぞれだからこそ、決して無理はせず伝えていいんだよ。」「頑張りすぎちゃったね。あんまり酷ければ点滴したり薬もだせるから、辛いときは検診を待たずに来院してね」と。

正直なつもりで、本当はどこか「みんななるのにこれくらいで辛がったらおかしいかな」「病院にはもっと症状が酷い人も来るだろうし、大袈裟かも」という気持ちがあったのかもしれません。情報がたくさん手に入る時代だからこそ「一般的には」という意識と比較してしまいがちですが、お母さんと赤ちゃんの身体は唯一無二。不安や辛さはどんどん打ち明けて、解消できることはしていきましょう!

 

著者:ぷく

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。