妊娠・出産・育児の情報サイト


里帰り無しの出産。右も左も分からず赤ちゃんと共に泣いた日々…

両親共に体が弱く、里帰りしても負担になってしまうと思い、里帰りをせず出産をしました。

妊娠中は問題無かったものの、出産し退院してからがとても辛い日々でした。

 

おっぱいをあげてもミルクをあげても抱っこしても…何をしても泣き止まない。

夜中の授乳回数が多く寝不足続き。

旦那は仕事で帰りが遅く、ろくに会話も出来ないし頼る人が側に誰もいなくて、毎日辛くて泣いていました。

 

新生児のうちは表情もないのであやし甲斐も無く、ただただ1日が過ぎるのをひたすら待っていました。

 

やっと授かった命。

 

こんなはずじゃなかった…。

この子を愛していけるのか…。

そこまで考えてしまうようになり、追い詰められていました。

あの頃は…。

 

そんな娘ももう直ぐ6ヶ月。

あやせば笑うようになり、抱っこすれば泣き止むようになりました。

夜泣きが始まり大変だけど、今は泣いてる姿さえ愛おしく思えます。

 

泣く=『ママ~!』って言ってるような気がして、求めてくれてるんだな~って思えるようになったんです。

 

今辛い日々を送ってる人も、きっといつか笑える日がくるから頑張ってほしいです。

一生赤ちゃんじゃないんだもん!

…って自分に言い聞かせてみましょう!笑

 

著者:かえるさん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。