妊娠・出産・育児の情報サイト


1人で耐えた陣痛

予定日過ぎて4日目のお昼に家でくつろいでいたら、いきなり破水

そのままトイレに駆け込みました。

病院に向かい入院になり、陣痛来なさそうだから次の日の朝に促進剤開始と言われて、余裕をこいてました。

お腹の張りを調べる機械をしても張りがなく、ウトウトしてると....夜中2時に突然お腹でゴリっという音がして激痛!

その激痛がいきなり10分間隔、7分間隔、5分間隔になり、

(これが陣痛か!)

と思いナースさんを呼んだのですが、先程の機械で張りが全然なかったので、それは陣痛ではないと言われ...。

これが本当の陣痛ではなかったら本陣痛なんて耐えれないと思いながら、1人でベッドの柱を握って我慢しました。

もう痛みが3分間隔くらいになり痛みも激しくなりナースさんを呼んでも、

陣痛はもっと痛いって言います」

と言われ放置...。

本当に痛いのに伝わらず...旦那には陣痛来てから連絡するつもりだったので連絡せずでした。

ベッドの柱をひたすら握って耐え、朝の8時に本当に耐えられなくなりナースコール!

そのナースさんが私を見てすぐに助産師さんを呼んでくれて診てもらうと、子宮口が9センチに!!

すぐに分娩室に行き、頭が見え隠れしてると言われ、痛すぎて旦那に連絡もできず、30分程で元気な男の子を出産しました。

あっという間の出来事で夢のようでした。

 

張りを調べる機械は脂肪で反応が薄くなる事もあるらしく、13キロ太ってしまった私のせいなのかと思いました。

病室で1人で陣痛に耐えた事が今でも忘れられず...2人目は太りすぎずに出産しようと思います。

著者:りょーたん

里帰り出産で3305gの男の子を出産した25歳です(^○^)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。