妊娠・出産・育児の情報サイト


初産で難産

正直な所、初めての妊娠は楽しみよりも不安の方が大きかった。

つわりや日に日に大きくなっていくお腹は、赤ちゃんの成長の証だと分かっていても、ついつい気分が下がってしまう。

 

里帰り出産をすることにし、8ヶ月目から実家近くの産婦人科に通院した。

予定日がきても、全く生まれる気配はなし。

予定日から1週間が過ぎ、レントゲンも撮ったけど、まだ自然に陣痛が来るのを待とうと主治医の先生に言われ、結局予定日から10日経った。

もともと低血圧で貧血の私は、診察を待っている間に何度か脳貧血になって倒れたり、腹部エコーの最中に過呼吸になったりと散々だった。

 

予定日から10日経った赤ちゃんは、推定体重が測定不能と言われるほどに大きくなっていた。

赤ちゃんは全然下がって来ておらず、子宮口もほとんど開いていなかったので、その日の夜から入院し、子宮口にバルーンを入れて、人工的に子宮口を開けることになった。

 

19時頃に入院してバルーン処置をしてもらうと、最初は何ともなかったけど、だんだんとお腹を圧縮パックされているような強い痛みに襲われた。

主人も仕事終わりに駆けつけてくれ、一緒に泊まってくれていたが、私が痛みで一晩中唸っていたので、夫婦そろってほとんど寝ないまま朝を迎えた。

人によってはバルーンを入れたことが刺激になって陣痛が来る人もいるみたいだが、私はバルーンを外すと、そのまま痛みは落ち着き、陣痛がくる気配はなかった。

 

朝の診察後、陣痛促進剤の点滴が始まった。

1時間、3時間と時間は経てど、陣痛は来なかった。

助産師さんにマッサージや足湯をしてもらい、14時頃にやっと陣痛が始まった。

陣痛の間隔は、だんだん短くなるが、全然寝れなかった私はその短い陣痛の合間に寝ていたのか記憶が無い。

 

分娩室に移動したのは15時頃。

疲れと痛みで記憶が飛び飛びだが、とにかく長く感じた1時間。

なんとか自然分娩で赤ちゃんは後少しという所まで出てきたが、自分の力が尽きてきて、いきめなくなってきたので、吸引処置で赤ちゃんを取り出すこととなった。

吸引の器具を赤ちゃんの頭に付けるので、会陰切開の箇所は多くなり、切る長さも長めになるそう。

 

そうしてなんとか生まれてきた長女。

吸引すると、赤ちゃんの頭は一時的に伸びるそうで、その姿にびっくりする親御さんも多いようですが、結局3845gで生まれた長女はすでに骨もしっかりしていたのか、全く頭が伸びることはなく、まんまるの顔でした。

本当に第一印象は、小さいガッツ石松。

 

新生児室で並んでいる長女は、遠目でもすぐに分かるほど大きくて、母乳もまったく追いつきませんでした。

粉ミルクも看護師さんが足してくれましたが、身体も大きく、消化器がしっかりしているのか、規定の量ではまったく足りないようでした。

後から聞いた話ですが、どうやら長女は夜中もお腹が空いて寝れなかったようで、結局看護師さんから白湯を飲ませてもらって落ち着いたそう。

 

会陰切開の傷はその後1ヶ月以上痛みが続き、円座クッションが手放せない生活でしたが、長女のちょっとした表情や仕草を見ているだけで、すっかり出産のしんどさを忘れ、可愛くて可愛くてたまらなくなりました。

 

周りの友達と話しても、私の初産は難産な方だと言われます。

どんなに妊娠期間や出産が大変でも、長女が生まれてきてくれたことは、私にとって宝です。

 

出産するまでは、もう二度と出産なんてしないと思っていたけれど、結局その2年後には次女を出産しました。

2人目なら、きっと長女よりは安産だろうと呑気に構えていたら、結局予定日より1週間過ぎ、生まれてみたら3,860gと長女より大きかったのには驚きました。

 

そんなうちの姉妹は、長女が今年小学生、次女は幼稚園の年中。

毎日バタバタですが、充実した幸せな日々だと感じています。

 

10月には3人目が生まれます。

つわりも大きなお腹もやっぱり苦しい。

いまだに完璧なお母さんにはなれないけど、子供と一緒に少しずつ成長していきたいなと思います。

著者:はなママ

主人の仕事の為、見知らぬ土地に引っ越し、知り合いがまったくいない所で、出産・育児をしています。

現在は管理栄養士として働きながら、2人の子育てをしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。