妊娠・出産・育児の情報サイト


産前産後の旦那

私は、悪阻が全くないまま出産を迎えました。

産休の間は、体も全くしんどくなく、とても元気だったので、掃除、洗濯、食事の準備など全て妊娠前と同様にこなしていました。

出産も初産にしては<超>がつくほどの安産でした。

退院後、私の体の回復は非常に良く、里帰りをせず、これまで通りの生活が再び始まりました。主人は私の体の回復がとても良かったので、安心してか、家事、育児に非協力的でした。

初めは、主人は仕事もあるから、私が一人でやらないと、、、と思っていましたが、新生児の育児をしながらの家事は想像以上に大変でした。

我が子は一時間おきにお乳を欲しがって泣き、また、お乳が上手く飲めなくて泣き、眠くて泣き、何故か泣き、、、とにかく泣き続けていました。

これまで通りの生活が出来るわけがありません。

赤ちゃんには朝も夜もないので、夜中も泣きます。私が寝ていても、どれだけ疲労困憊していても、泣くのです。

だんだん私も疲れが溜まってきます。

でも、泣く赤ちゃんは悪くありません。

怒りの矛先はどこへ向かうか?

主人へです。

 

ある日、プッチンときて、不満を全部ぶつけました。身体はしんどくないけれど、ただただ疲れている、眠たい、たまには休みたい。

 

泣きながら訴えました。

 

旦那はとても反省し、家事育児ともに積極的になりました。

もちろん、私の負担の方が大きいのですが、少しの手助けで、妻は救われます、嬉しくなります、頑張ろうって思えます。

 

世の中の奥さん、頑張りすぎず助けてもらおましょう!

本音をぶつけましょう!

 

世の中の旦那さん、仕事もしんどいと思いますが、少しだけ一緒に頑張りましょう!

少しだけで、奥さんは気持ちが優しくなります。

 

そんな2人を子供は見ていないようで、見ています。

 

幸せな家族、それはたくさんの笑顔で溢れた家庭です。

著者:きゃめり

2ヶ月の子供がいます。しんどい日も、笑顔を絶やさず元気一杯の毎日を過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。