妊娠・出産・育児の情報サイト


保育園では完食なのに…理由は味?固さ? おうち離乳食を拒否する意外すぎる理由

f:id:akasuguedi:20160715120534j:plain

娘の保育園入園から1ヶ月半が経った頃、父母会がありました。

内容は、栄養士さんの離乳食講座を聞いた後、担当の先生から普段の子どもたちの話を聞き、最後に午後の食事を食べさせるというものでした。

 

保育園に入り立ての頃は、食事もミルクも拒否していた娘ですが、今ではすっかり保育園の雰囲気にも慣れ、出された食事は全て食べるまでに成長しました。

ですが、今は、私が作った離乳食を食べてくれないのです。

味が悪いのか、固さが違うのか……。

離乳食作りに行き詰まりを感じていた私には、願ってもない機会でした。

 

講座では、離乳食初期、中期、完了期、乳児用といった具合に成長別の食事が用意され、それぞれ味見をさせてもらいました。

娘が食べている中期の離乳食はどれも味付けされておらず、素材の味のみ。

味付けについては、我が家で作っているものと大差ないと感じました。

強いて言えば、柔らかく煮すぎていたかなというぐらい。

しかし、家で食べてくれない理由は、柔らかすぎることではなかったのです!

 

離乳食講座が終わり、クラス全員でご飯を食べている時、栄養士さんが声をかけてくれました。

「お母さん、一口が小さいですね」

娘の口に運ぶ食事の量が、少なすぎるとのアドバイス。

「お茶碗を手前に引き寄せようとしているでしょ?もっと食べたいってことですよ」

小さなお口だから少しずつ食べさせた方がいいだろうというのは、母親の勝手な思い込み。

娘は保育園ではたくさんのご飯を口に入れて、もぐもぐと勢い良く食べているのだそうです。

 

そういえば、家で離乳食を食べる時、最初はお利口に食べるのに、途中で何故かかんしゃくを起こしていました。

ちょっとずつしか口に入れてくれないので、ストレスを感じていたのですね…。

それからというもの、家のスプーンをすこし大きめのものに変更しました。

おかゆもおかずも、口いっぱいにほおばれるぐらいの量をあげると喜んで食べてくれます。

 

味でも柔らかさでもなく、口に運ぶ量が間違っていたなんて!

インターネットや育児書の情報だけでは正せなかった悩みが解決して、本当にスッキリしました。

f:id:akasuguedi:20160402232150j:plain

著者:BB_TAO
年齢:40歳
子どもの年齢:9ヶ月

7歳のチワプー(チワワ×プードル)と5歳のマルチーズの犬ママ、そして40歳初産の新ママ。娘に振りまわされながらも、翻弄される喜びも感じているバカ親。4月から仕事復帰したが、子育ての両立の難しさにただただ困惑中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。