妊娠・出産・育児の情報サイト


人工破水から一気に陣痛!ところが夫は外出中、ナースコール連打するも誰も来ない〜?!

f:id:akasuguedi:20160718161022j:plain

f:id:akasuguedi:20160718161105p:plain

 

羊水過多にて、安静入院を一週間した後に、ついに37週0日、誘発分娩開始!

午前10時半過ぎ、陣痛室にて弱い薬を点滴で投与する。

隣にいる旦那もドキドキソワソワしていた。

 

1時間位して、なんとなーく張ったり張らなかったりの生理痛っぽい痛みが出てきた。

余裕余裕!上の子を産んだ時の経験があったから、

「これはまだまだ本陣痛には遠いな〜 。夜位に産まれる感じかも」と旦那に告げると、

「じゃあ、自転車の修理に行ってくるわ!夕方にまた来ればいいよね」

という事で旦那は私を残し外出してしまった。私も全然焦っていなかったし、まぁいっかと思っていた。 

f:id:akasuguedi:20160718160543j:plain

ところがお昼12時異変が!

それまで鼻唄を歌える位だったのが、急激に痛くなってきた。

立ってるのも辛い…休みたくてもすぐにまた次の陣痛が襲ってくる。間隔は2分弱だ。

メールが来ていたが、この時点で旦那にメールを返す余裕は無く、担当の助産師さんを呼ぶのがやっとだった。

「これからすこーし穴を開けて破水させていくね!」

一気に破水は危険だが、少しずつでも破水させないと赤ちゃんがプカプカ浮いて下りてこないし産まれてこないので人工的に穴を開けてもらう。

その後助産師さんは何処かへ行ってしまった。私は1人陣痛室に残された。

 

羊水はチョロチョロかと思いきや、案外バシャバシャ出るではないか!いきみたくなればなるほど勢い良く出てしまう。

何から何まで水浸し状態になり、またナースコールで呼ぶもすぐには来てくれず。その間、さらに陣痛の間隔は1分程になった。

焦るな焦るな。前回の出産と同じように、「明日のジョースタイル」で椅子に腰掛け静かに耐えていた。そんな中で陣痛の合間に思ったのは、羊水が出ただけでこんなにもお腹が軽いなんて!という事だった。

f:id:akasuguedi:20160718160453j:plain

 誰かー!早く来てー!何で誰も居ないのー!ナースコール連打。

14時半、やっと様子を見に来た助産師さん驚く。「◯◯さん、静かすぎてこんなに陣痛進んでると思わなかったよ!」

赤ちゃんはすっぽり収まり、いきんでOK状態。分娩室に移動予定だったが、空いてなかったらしくそのまま陣痛室での分娩になった。

いきんでいいよ!と言われるも、何だかベッドのリクライニング具合が変なのか肛門にしか力が入らない。

それでもいいから!と言ってもらえて、思い切りいきむことが出来た。

 

その時旦那到着!普通に部屋に入って来て、妻の状況にビビる!

「もうすぐで赤ちゃんに会えるからお父さん外で待ってて!」

今回は立会いでは無いので、早々に旦那は助産師さんに部屋から追い出される(笑)

まさかこんなに早い展開になるとは予想していなかったからね。それは目を丸くするばすだ!

f:id:akasuguedi:20160718160511j:plain

 あとちょっとの所で、なんと赤ちゃんの頭が引っかかり出てこない!私は頭のハチがデカイからきっと似たんだなとひっそり思った。

ここでお助け程度に吸引器が登場するはめに…  が、入れて広げても全然痛くないではないか。ホッとしたのと同時にまた思い切り頑張っていきめた。

そして15時ついに、

にゅる〜んと赤ちゃんが出てきた!

赤ちゃんはすぐにおしっこを助産師さんに引っかけたみたい。元気な男の子だ!

その後立派な大きさの胎盤も取り出されお腹は軽々〜♫

旦那も報告を受けホッとした様だった。

f:id:akasuguedi:20160718160523j:plain

誘発分娩で驚いたのはものすごい展開の早さだった。きっと薬の相性が抜群だったのだろう。

生理痛から激痛まで心の準備がないうちにやってくるから、身体が思う様についてこなかった。でも、逆にさっさと進んでくれたからお産後の体力は残っていた!

ただ、やはり1番いて欲しい時に部屋に誰も居なかったのはとても不安ではあったかな。

けど助産師さんも先生も、とても冷静で落ち着いてましたね〜 と笑顔で褒めてくれたのでよしとしよう。

 

今考えれば結果的にいなかった事で陣痛に集中できたのかもしれない とポジティブに思うのだった。

チャンチャン♫

この記事を書いた「アブラカタブラ」さんのはじめての出産体験記はこちら:「今ポン!て言ったよ!」夫の一声で産まれたと実感。第一子出産レポ!

f:id:akasuguedi:20160629143521j:plain

著者:アブラカタブラ

年齢:31歳
子どもの年齢:3歳・0歳

31歳、今年3歳になる長男と、0歳の次男のママです!同業者の主人と治療院を営んでいます。素人感満載ですが、イラストを描くのが好きなので良かったら記事を覗いてみて下さい!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。