妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療中、男性不妊がわかって…年齢もあり焦る私、とまどう夫。二人で出した結論は

f:id:akasuguedi:20160716220034p:plain

32歳で結婚し、夫婦ともども、結婚当初から子どもを授かりたいと思っていたので、すぐに妊活をはじめました。

妊活といっても、最初は基礎体温を測って、素人なりにタイミングをみて夫婦生活トライする、健康な食事をこころがける程度。

1年間自力でトライしましたが、授かることはできず。

 

少し早い気もしたのですが、主人と話し合い『とりあえず検査だけでも』と近くの不妊治療専門のクリニックへ。

そのクリニックは女性だけでなく、男性も検査することが通院条件となっていたため、夫婦でそれぞれ検査を受けました。

検査は色々ありましたが、私の方は一言で言えば「年相応」。まぁ大きな問題は無いと。

 

ところが、主人が、まさかまさかの「男性不妊」判定…。

具体的には、『精子の数が少ない上に活動的でない』との判定。

無精子ではないものの、自然妊娠は難しく、人工授精も厳しいだろう、とのこと。

全く予想していなかったため告げられた時の衝撃が大きく、クリニックの先生には

「採精時にいつもと違う感じだったので、もう一度改めて検査してください!」

と動揺しながら頼んだりしました。

人工授精も厳しいって…意味が分からない!と思いました。

 

先生からは、

「それであれば、一度人工授精の予定を組んでみませんか?人工授精にあたっては採精し、検査しますので。その時にご主人の精子が基準を満たしていなければ、人工授精中止となります。満たしていれば、そのまま人工授精に進みます。ただ再検査するだけでも、費用も時間もかかってしまいますよ」

と言われました。

 

ここまでを私だけが先生から聞いたので、主人にどうやって説明すればいいのか…結果を聞いて、すべて拒絶されたらどうしよう…と、不安でいっぱいになりました。男性のプライドもあるでしょうし。

しかし黙っているわけにもいかないので、帰宅した主人にありのまま説明しました。

ショックを受けていましたが、不当に怒ったり、匙を投げたりすることはなく、

「そうか…ごめんなぁ」と。

人工授精に関しては、話が急展開過ぎると感じているようでもありましたが、検査も兼ねるということで、納得してくれました。

 

今、思い返せば、この頃が一番精神的には辛かったなぁと思います。

私を責めたり不妊治自体を拒絶したりするはことなかった主人ですが、やはり100%前向きに治療に向かっているということでもなく、迷ってる様子が見られました。

しかし、主人自身は自分の方にに原因がある、という負い目からか、私の希望どおりに、治療を進めようとしてくれている、という感じ。

しかし私も年齢のことや、周りのおめでたニュースへの焦りもあり、ペースを緩めてあげられる度量もなく…。

辛かったけれども、主人の優しさに改めて感謝した時期でもあります。

 

結局、人工授精を進めよう、ということになったものの、そのための精子の再検査で、やはり人工授精可能な基準を満たしていない、ということで、中止となりました。

 

その後、先生には、「体外授精を考えてみませんか」と。

タイミング法も人工授精の道も閉ざされたので、それ以外に選択肢は無いのですが…やはり体外授精は費用面からも、仕事との両立の面からも、身体的な面からも、負担が大きいものです。

それだけに不安は大きく、不妊治療のための通院開始からここまでで4ヶ月、あっという間の中で話がどんどん進んでいく中で、果たしてこのまま体外授精に踏み切っていいのか?と迷いました。

主人としては、可能性があるならば男性不妊治療にある程度トライし、自然妊娠や人工授精に望みをつなげたい、という思いも持っていました。

一方で私は、そうこうしているうちに年齢が重なり、体外授精の成功率が下がってしまうのも怖く、なるべく早くに体外授精にトライしたい気持ちがだんだん高まってきました。

 

結局、またしても私の希望を尊重してもらう形で、私の仕事の繁忙期を避けて体外授精にトライするため、人工授精中止から直ぐに体外授精トライを決断。

 

一度決断すれば、あとは先生の指導に従って投薬と通院を進めるだけです。

毎週のように仕事を早退しなければならなかったり、採卵前の自己注射や、採卵直前の卵巣の腫れなど、仕事面、体調面では大変なこともたくさんありましたが、一度決めたことなので、とにかく目標に向かっていくだけ。

そういう意味では、「迷い」に悩まされることはもう無かったです。

勿論、ちゃんと成功するのか?という不安は常にいっぱいで、検索魔になって、情報に振り回され…でしたが。

 

通院から5ヶ月後に採卵。

採卵数19個、11個を授精。

うち、6個が胚まで育ってくれました。

6個、看護師さんにもすごい!と言ってもらえる数のようで、本当に嬉しかったです。

 

卵巣を休ませ、採卵から2ヶ月後に胚を子宮へもどしました。

そしてそして、この一回で妊娠成功!!

本当に本当に良かったです。

 

たくさん採卵できたことや、一回の体外授精で成功したこと、私は本当に運が良かったと思います。

もっともっと、辛い思いをされている方、たくさんいらっしゃると思います。

そんな私が偉そうに言えたことじゃありませんが、不妊で悩んでいる方、早すぎることは絶対無いので、不妊専門のクリニックで、気になったらとにかく早めに、まずは検査されることをオススメします。必ず、だんな様も御一緒に。

自分たちだけで妊活をがんばっていても、思わぬところに授かることのできない原因がある場合もあります。

著者:ゆっこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。