妊娠・出産・育児の情報サイト


運動してねと言われていたのに!22週、偶然の経膣エコーで子宮頸管22mmと判明

f:id:akasuguedi:20160728220626p:plain

妊娠前から子宮がん検診で通っていたレディースクリニック。

妊娠するちょうど1年前、子宮頸がんのもとの高度異形成と診断され、子宮の入口を切り取る円錐切除の手術をしていました。

 

3ヶ月後くらいから妊娠してもOKとのことで、1年後に無事妊娠。

5ヶ月の検診までは順調で、安定期に入ったら軽い運動もしていってください、とのことで、週3回くらい、1時間程度のウォーキングをしていました。

 

そして6ヶ月の中盤での検診。

経腹エコーでは性別がわかりませんでした。

足が下になっている逆子の状態なので、経膣エコーで中からみてみますねー、と。

すると、エコーをみながら先生が焦りだす…

22週にもかかわらず、子宮頸管22mmの危険な状態だと判明!

 

すぐに安静に過ごすよう言われ、1週間後に再検査。

1週間できるだけ横になって過ごしたものの、再検査の結果は21mmとほぼ変わらず。

早産の可能性が高くここでは産めないとのことで、未熟児にも対応できる病院へ転院することに。

転院先で子宮の入口を縛る手術をして、そのまま入院。

一年前に円錐切除手術をしていた影響で、子宮の入口が少し弱くなっていたのです。

 

初めてのレディースクリニック、5ヶ月の検診では経腹エコーのみ。

子宮頸管の長さは測ってなかった。運動もOKとも言われていた。

もう少し早く気付いていたら、安静に過ごせていたのにと思うと…。

 

でも、6ヶ月検診で逆子の位置でいてくれなければ手遅れになっていたかもしれない。

経膣エコーに導いてくれたベビーに感謝です。

(ちなみに男の子でした!)

できるだけ長くお腹にいられるように、今はひたすら安静に過ごす日々です。

 

レディースクリニックは分娩予約をとるのが難しい、人気のクリニック。

問題なく出産できるお母さんには綺麗で親切な良いクリニックかもしれないけど、いざという時に頼りにならなければ意味ないなぁと痛感しました。(そこで産めないと言われてからの対応が雑すぎて…)

 

円錐切除しているお母さんは、毎回膣の状態みてもらいましょう…。

今はNICUも完備されたMFICUに入っていて、とても安心です。

病院選びって難しい!

著者:lilinco

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。