妊娠・出産・育児の情報サイト


オーストラリアでの帝王切開の様子とその後

オーストラリアでは帝王切開でもパートナーの立ち会いができます。手術中、ずっと夫が手を握ってくれていて、とても心強かったです。

 

ただ、病院の決まりで、ビデオカメラの持ち込みは禁止だったため、産声等を記録することができませんでした。また、写真撮影はOKだったのですが、当然、私は身動きできず、下手(爆)な夫の撮影のみだったので、ちゃんと写っている写真があまりありませんでした。この点は、とても残念に思っています(泣)。

 

まだ帝王切開が決定していない時にカンガルーケアの希望を出していたのですが、それを知っていたスタッフが考慮してくださり、手術台の上で赤ちゃんを抱っこすることができました。胸の上に乗せると、赤ちゃんはすぐにおっぱいを捜して吸い始めました。初めて抱っこした赤ちゃんの重みと、赤ちゃんの様子にとても感動しました。

 

手術が終わると、赤ちゃんと夫とともにリカバリールームへ移動。ここでも赤ちゃん・夫と一緒です。足がほんのちょっと動かせるようになったところで、病室に運ばれました。

 

オーストラリアでは帝王切開でも当日から母子同室。術後ゆっくり体を休める、なんてことは不可能です。足がほとんど動かない状態でも赤ちゃんのお世話をしなくてはなりません。起き上がるのもままならなず、傷口が痛いのをこらえながら、ベッド柵をよじ登って、赤ちゃんのお世話をしました。

 

翌日は、管が全て抜かれ、自力でトイレ・シャワーをします。聞いてはいましたが、オーストラリアはスパルタです(苦笑)

 

オーストラリアの帝王切開の場合、問題がなけれは3日ほどで退院します。我が家の場合、赤ちゃんの体重が基準以上に減ってしまったため、退院が一日伸びました。それでも、日本と比べると入院期間が断然少ないです。

 

しかも、退院数日後、赤ちゃんの体重をチェックするために受診するように言われ、「だったらそれまで入院させてくれたらいいのに…」と思いました(笑)帝王切開後1週間ほどで、しかも赤ちゃんと一緒の外出は本当に大変でした。

 

私は公立病院での出産だったため、退院時の痛み止めの薬代以外は全て無料です。費用の心配をしなくて済むのは心強いです。(その分、高~い税金を払ってるんですけどね)

 

入院期間が短いなど大変な点もありますが、立ち会いやカンガルーケアなど、可能な限り希望を取り入れてくれたので、トータル的には満足なお産でした。

著者:ももろず

オーストラリアに移住して13年。流産を経て、2013年に長男を帝王切開で出産。現在2人目を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。