妊娠・出産・育児の情報サイト


食が細くて苦労した長女と、なんでもペロリの次女。姉妹でも一人ひとり違う離乳食の思い出

f:id:akasuguope02:20160331093328j:plain

離乳食。


長女が赤ちゃんの頃は、本当に泣かされました。
一生懸命、離乳食レシピの本を読みながら作っても、ほんの少し食べては捨て…の繰り返し。
たまにインスタントやビン入りの離乳食を買っても、一口食べたらごちそうさま!心を込めて作っても捨てなくてはいけないつらさ。
このことがあってから、次女の時は「ドライフードを利用しよう」と決めていました。
おかゆすらドライフードで作れば量も調整できるし、これにお野菜のドライフードを入れてバリエーション増やして…。

偏食で少食の長女しか見ていなかった私は、「次女もそんなに食べてくれないだろう」と思い込んでいました。
そんな次女の離乳食が始まったのは、生後4ヶ月に入った頃。
お食い初めで味をしめた次女は、4ヶ月になる前からヨダレがダラダラ、お口モゴモゴ…。
すでに離乳食を始めるサインが始まっていたのです。
4ヶ月健診で相談すると、もちろん驚かれ、助産師さんにも「薄くした重湯から始めてください」と言われました。
この時、ドライフードのおかゆを利用して重湯を作り、少しずつあげ始めました。
その後、野菜のドライフードを混ぜ、それもぺろりと平らげる。
本当によく食べる赤ちゃんだったのです!

さらに食べる量が増え、おかずも付けられるようになる頃には、はじめに夫と私、長女が食べるおかずをとりわけてから、次女用を作るように。
ある意味、楽な次女の離乳食はどんどん進んでいき、今でもよく食べる子供です。
しかし、次女が幼児になってから、ふと思ったのです。

 

「私、次女には離乳食を作った覚えないな…」と。
長女の時は何とか食べてもらおうと試行錯誤の繰り返し。
その工程は、とっても面倒だし、傷つくことも多かった。
けれど、後になるほど、それが思い出となって懐かしく愛しく感じるのです。


長女の離乳食をつくったことはしっかりと覚えていたのに、次女にあげる食事は、お湯を入れて混ぜるだけ、自分たち用に作った料理を取り分けるだけ…それしか覚えてないのです。
私の手料理を食べてないわけじゃない。
取り分けた後には、次女用に作っているのだから。
でも、思い出として残っていない、懐かしいと思うほど記憶にもないのは、ちょっと寂しすぎるんじゃないか…。
食べる子だとわかった時点で、次女にも一からおかゆを作ってあげたり、次女のためにご飯を作ってあげれば良かったな…と今では少し後悔して泣けてくるのです。


その後、次女は1才半には幼児食をほぼ卒業し、今でもよく食べる元気な子に育っています。
もう赤ちゃんの頃に戻ることはできないし、後悔しても仕方ないです。
これからは、”家族のためにしっかり美味しいと言ってもらえる手料理を作ろう”、”手作りのお菓子もたまには作って思い出に残るようにしよう”と心がけるようにしました。
次女が「ママのご飯美味しい!大好き!」と言ってくれる日々に、今は嬉し涙を流しています。

著者:いちご
年齢:32歳
子どもの年齢:5歳、3歳

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。