妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての妊娠、初めての産院選び。どんな条件で絞り込めばいいの〜!?

f:id:akasuguope01:20160426191053j:plain

妊娠がわかって最初に悩んだのは、産院選び。
○○産婦人科で産んだよ~。
○○クリニックで産んだんだ~。
という話を出産経験のある友人から聞いたことはあったのですが…。
そのときは、あまり産院情報を必要としていなかったのでしょう。
耳に入ってはいたものの、あまり頭に残っていませんでした。
幸いにもそれまで産婦人科のお世話になったこともなかった私。
いざ自分自身が妊娠したとき、産院に関する知識はゼロに等しく。
なにを決め手として選択すればいいのかということはもちろん、
どんな産院がどこにあるのかということすらさっぱりわかりませんでした。

第1子である娘を妊娠していることがわかった直後。
きちんと妊娠できているかどうか確認してもらうため、病院へいく必要がありました。
そこで頼ったのはインターネット。
産婦人科で検索しました。
徒歩、自転車、バス、電車が移動手段だったその頃の私。
家から一番近い産婦人科で診てもらうことに。
妊娠6週頃だったでしょうか。
そして正常に妊娠していると診断してもらったそのとき初めて知りました。
産婦人科でも、出産できる病院とできない病院があると言うことを…。
本当に無知でした。


さて、どうしたものか。
早く決めないと、産む予約ができなくなる産院もあると言うじゃないですか。
焦りました。

 

なにせ妊娠初期です。
友人にも伝えるにしては早すぎる…。
なので、産院ってどこがいいのなんて聞けません。
ひたすらインターネットで調べます。
ひと月くらいは悩んでいたでしょうか。
通える範囲にいくつかの産院はあるものの、どんな条件で絞っていいのかわからず決められない。
そうしているうちに気づきました。

「あ、私、薬のアレルギーあったな。」

 

とても重要なことをすっかり忘れていました。
そのことを思い出してからの産院選びはあっという間。
なにかあったときにすぐに対応してくれるところがいい。
そうなると、一択しかありませんでした。
通うのにも不自由ない場所にある総合病院です。

 

その総合病院は、個人病院のように専属シェフが作るようなご飯や、おしゃれな病室、
出産時にアロマでリラックスなんてサービスはありません。
病院食に、普通の病室。
そして、ごく普通の分娩。
それでも、初めてのお産にいどむ私にとってはとても良かったのです。
当時仕事をしていたため、定期検診であまり待たずにすんだということもありがたいポイント。
優しい女医さんに、助産師さん、そしてなによりも安心感がありました。
特別ななにかは、なかったかもしれませんが、
元気な娘に無事会わせてもらえたことに感謝しています。

著者:endo_hana
年齢:34歳
子どもの年齢:4歳

ママっ子で少々元気過ぎる一女(4歳)の母です。
流産の経験を経て、現在3度目の妊娠中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。