妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目が欲しいのに、子作りに乗り気にならない旦那。お酒の力を借りた結果…

f:id:akasuguope01:20160426193108j:plain

当時、私はとても悩んでいました。

息子が1歳を過ぎ、2歳差で子どもが欲しいと思っていた私は、
そろそろ子作りしたいなーと思っていたのですが…
旦那がその気にならないのです。

「まだ息子に手がかかるから、もう少し落ち着いてからが良い」
「そのうちね」とはぐらかされることが続きました。

じゃあ、別に子作り目的じゃなくてもいいから、セックスしようよ!と思うのですが…
旦那は私の育児疲れを変に気遣ってか、
自分から誘ってくることはほとんどなく、
気がつけば、妊娠してから授乳をやめるまで、
1年半ほど体のふれあいは一切ありませんでした。

 

これは子作り以前に、夫婦としてどうなんだと思い、
息子が良く寝てくれている日などに、私から誘うのですが、
「(自分が)疲れてるからまた今度ね」
「疲れてるでしょ?子どもが寝てるんだからゆっくりしたら?」
と、なかなかふれあいも許してもらえず…悶々とする日々が続きました。

これじゃだめだと、どうやったらその気になってくれるのかと悩み、
考えて、思いついたのが、「お酒を飲む」ということでした。
お酒の勢いを借りてでもしなきゃ、この状況は変えられないと思ったのです。
あとは、もともと私がお酒が好きだったので、
授乳も終わったし、飲みたい!という気持ちもありました。

 

そこで、旦那に「月1回でもいいから、一緒に夜お酒を飲もう」と提案。
すると旦那もお酒は好きな方だったので、すんなりOKしてくれました。
息子がいるので、なかなか外に飲みに行くことはできませんでしたが、
友人宅でご飯会をしたり、家飲みをしたりと機会を作ることはできました。

 

そして、そういった日の夜に、夜這いのごとく、旦那を誘ってみました。
旦那はお酒を飲むと眠くなるらしく、深酒の日は誘う前に寝ていたり、
飲みすぎたからと断られることもありましたが、
それでも、1ヶ月に1回~2ヶ月に1回ほど、セックスをするようになりました。

 

そのサイクルができてしまえばこっちのモノでした。
排卵日近くにお酒を飲む日を設定し、
その日にお酒の勢いで!
そうして、2人目作りをしようと決心したのです。

何もなくセックスできるようになりたかったのですが、
旦那がその気にならず、誘ってもくれないため、
お酒の勢いを借りてでもその気にしてしまおうと密かに進めた妊活

その甲斐あってか、セックスする機会も作れ、無事2人目を授かることもできました。
お酒の力さまさまな私の妊活でした。

著者:natsumiyako
年齢:27歳
子どもの年齢:息子(1歳8ヶ月)

好奇心旺盛なやんちゃな坊ちゃんを育てる1児の母。現在2人目の妊娠中。読書とお酒が好き。子育ての合間にライター、校正の仕事をしています。ドタバタだけど楽しい日々を送っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。