妊娠・出産・育児の情報サイト


和式トイレは2歳児にはハードル高! シールや声かけで気長にトイレトレーニング

f:id:akasuguedi:20160815220219j:plain

トイレトレーニング真っ最中の我が娘。現在、2才10カ月。

とはいっても、基本は保育園任せです。(笑)

もうすぐパンツに移行できそうな予感を漂わせながら、まだまだオムツにもご厄介、という状態です。

 

今年の4月に入園した娘。入園前に一度、自力でトイトレをしたことがありました。が、あえなく失敗。でもそれ以降、おしっこが出たことを教えるようになりました。

それもあってか、保育園に通いだして割とすぐにトレーニングを開始しました。

最初の頃はお漏らしをして着替えて帰ってきましたが、それもほんの数回。すぐにトイレでおしっこができるようになったようです。

 

しかし、我が家ではかたくなにトイレに行きませんでした。

その理由はたぶん、和式トイレ!

 

保育園のトイレは小さな洋式スタイルで座ってするタイプ。

我が家のトイレは、一段高いところに昇って便器をまたいでの和式。

あの小さな体で便器をまたぐ、というのは確かに怖いかも…。

あまりにひどく怖がるので、無理強いはしないようにしていました。

 

保育園の先生に相談したときも、

「トイトレの最中なので、無理して家でトイレ行かなくてもいいですよ。もっと慣れてからで」

と言われたので、のんきに構えることに。

 

そして、その日は突然訪れました。保育園でのトイトレ開始から1カ月を過ぎたころ。

なにげなく「トイレ行く?」と聞いてみたところ

「いく~」

「!?」

あまりの衝撃に耳を疑う私。でも、娘はなぜか急にやる気満々でトイレへ。

あんなにいがやっていた段差もなんのその、便器にも上手に自分でまたぐことができました。

なにがきっかけだったのかわかりませんが、あまりにも軽々と壁を乗り越えてしまった娘。それ以降は、我が家のトイレにも行けるようになりました。

 

トイレに誘えば行くし、自分からトイレに行く、というときもありますが、遊びに夢中になっていたりすると失敗もします。そのため、我が家ではまだオムツを着用しています。

それでも、もうトイレを怖がることもなくなったので、タイミングよく誘えば成功率があがる、という感じでした。

 

ほかにも、トイトレのモチベーションアップに一役かっているのがシールです。

上手にできたら、ご褒美にシールをペタリ。トイレの壁にシールコーナーを作って、1回成功するごとに、1つシールを貼るようにしています。

このシールを貼るのが楽しいようで、効果絶大です。

「どれにしようかな~」

とシールを選ぶのも楽しいようす。

 

まだ、うんちはオムツでしかできないし、おしっこも失敗もするけれど、徐々にオムツ卒業が近づいてきている予感。

「できない」と思っていたことが急にできたり、「できた」と思っても失敗続きだったり、やきもきすることも多いですが、あまり焦らず、ゆっくりと成長を見守っていきたいと思っています。

f:id:akasuguope02:20150611000547j:plain

著者:ノンちゃん
年齢:39歳
子どもの年齢:2歳10か月

元へっぽこ編集者。現在は頼まれればなんでも書いちゃう、フリーライター。4月から娘が保育園に通いはじめたばかり。慣れない保育園に戸惑うのは母ばかり。本人はいたって楽しそうな毎日です。訳あってシングル&実家田舎暮らしのアラフォー母ちゃん。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。