妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目どうする? 気になるセックス事情、家事分担やお金のこと。パパたちの本音座談会

f:id:akasuguedi:20160815173505p:plain

「2人目について、パパはどう考えている?」「何にモヤモヤして、どこに気を遣っている?」

ママが気づかないパパたちの本音を、赤裸々に語ってもらいました。

 

-Profile-

タロウさん(38歳)
6歳&3歳児のパパ。ノベルティグッズを製作する会社を経営しており、妻は36歳の専業主婦。

フールさん(42歳)
0歳児のパパ。フリーランスのカメラマンとして活躍中で、妻は39歳の専業主婦。

ウッチーさん(27歳)
妻が妊娠8ヵ月目というプレパパ。大手金融系企業に勤めており、妻は33歳で産休中。

  

妻は育児で疲れているし、子どもがいるからHなムードにもなりづらい… 

f:id:akasuguedi:20160815120856j:plain

フールさん:1人目が生まれる前から、妻とは「2人目欲しいよね」と話していたんです。ところが、理想と現実は違っていました。正直、妻の身体の負担を考えると、2人目は躊躇してしまいます。

ウッチーさん:えっ、どうしたんですか? うちはまだ1人目を妊娠中なのですが、妻は2人目をつくる気満々ですよ。

フールさん:妊娠中、妻がゲッソリしてよく寝込んでいたんです。出産の2ヵ月前くらいまで仕事をしていたせいもあるんだろうけど、とても大変そうだったので・・・。

タロウさん:うちも1人目のときはツラそうだったなあ。でも、2人目はやめようという話にはならなかったですね。そして、実際に2人目を妊娠したときは、それほど大変じゃなかったみたいです。

フールさん:へー、1人目のときが大変だからって、2人目のときもそうとは限らないんだ。

ウッチーさん:問題は、妻とセックスできるかどうか。妊娠してから妻が「女性」というより「母」に見えるようになり…。安定期に入っているのですが、一度もセックスしてません。

タロウさん:えっ、それまでは?

ウッチーさん:妊娠するまでは、月1回くらいのペースでやっていました。

タロウさん:出産して体調や体型が元に戻れば、きっと大丈夫。うちは1人目を出産後、毎週セックスしていました。だから、2人目が生まれたのは自然のなりゆきです。

フールさん:うちは安定期に入ってから、月1ペースでした。ただ、子どもが生まれてからは半減。慣れない育児で妻は疲れているし、子どもがいるとそういう雰囲気にもなりづらい。2人目を考える際に一番重要なのは、ムードづくりかも!?

ウッチーさん:うちは、1人目のときから計画的だったんですよ。「今日は、排卵日だからね!」って。次もそうなるのかと思うと、今からちょっと気が重いです。

フールさん:確かに、それはキツイかも…。

タロウさん:まわりにも、そういう声って多いですよね。ただ、乗り気じゃなくてもやれるときにやっておくべき。2人目が実際に生まれてきたら、「あのとき、やっていてよかった」って絶対に思うはずですから!

 

育児のどの部分に力を注げばいいの?」妻の考えがわかりにくい!

f:id:akasuguedi:20160815122236j:plain

ウッチーさん:子どもが生まれてからのことが気になるのですが、育児はどうしてます?

フールさん:オムツ交換やミルク、お風呂と、育児には積極的に参加しています。もしも2人目が生まれても、40オーバーの老体にムチ打って頑張るつもりですよ。

タロウさん:私も、下の子の送り迎えとお風呂が日課。それに、週末はできるだけ子どもを外に連れ出し、妻がひとりになれる時間をつくるようにしています。 

ウッチーさん:2人とも、イクメンじゃないですか!

タロウさん:ただ、家事はすべて妻任せです。彼女なりのルールがあるらしく、自分がやってもやり直されちゃうから非効率なんですよ。それに、後で文句を言われるのもイヤなので。

フールさん:わかります! 気を遣って食事の後片付けをやっているのに、ダメ出しされると泣きたくなる。頑張っても評価されないなんて、ツラい…。ただ、理不尽なことを言われても、とりあえず「ゴメン」と謝るように心がけています。妻のほうが大変なのは、よくわかってますからね。

ウッチーさん:頑張っているアピールって、やっぱり大事ですよね。妻が妊娠してからは、私も料理や皿洗い、洗濯などを手伝うようになりました。 


フールさん:ホント、それは夫婦円満の秘訣だと思う。タロウさんのところは、子どもが2人になって奥さんはどうでした? 1人でも大変なのに、もう1人増えたらどうなるんだろうと心配なんですけど…。

タロウさん:たまたまだけれど、うちの場合は上が下と3歳離れているのでよかった。上の子にさほど手がかからない分、妻の負担はそれほどでもなさそう。一度子育てを経験しているので、気持ち的にも余裕があるみたいです。

ウッチーさん:なるほど。2人目をつくる場合、タイミングについてしっかり話し合ったほうがよさそうですね。 

 

2人目が生まれて家計が厳しくなるのでは…?ぶっちゃけ少し不安!  

f:id:akasuguedi:20160815124457j:plain

フールさん:2人目を考えるときに、妻の身体のことだけでなく、正直お金のことも心配です。とくに私は、収入が不安定なフリーランスですから。すでに、好きなものを買おうとしたときなどに、「もう2人じゃないんだよ」と妻にチクリと言わるようになりました。

タロウさん:子どもが増えると、確かに家計への影響は大きくなります。単純に、出費が2倍になるわけですから。ただ、お金のことを考えるとネガティブな方向にいきがちなので、あまり考えないほうがいいと思います。私も自営業なのですが、2人目ができて仕事へのモチベーションが大きくアップ。そういうメリットのほうに、目を向けたほうがいいでしょう。

フールさん:なるほど。万が一、子育てで家計が厳しくなったら、妻にも働いてもらうという選択肢だってありますもんね。

ウッチーさん:やっぱり教育には、しっかりとお金をかけたいと思っています。これから生まれる子どもには、東大の医学部を目指してもらいたいなぁと。

フールさん:生まれてくる前から、そこまで具体的に考えているんですか!? 

ウッチーさん:医者になるかどうかは別として、東大・医学部出身だと人生の選択肢が広がると思うので。

タロウさん:うちは、けっこう教育にお金をかけているかも。上の子は、英語・ダンス・美術を習っていて、毎週大忙しです。

フールさん:6歳で、そんなにたくさん習い事をしているんですね。うちもそろそろ考えなきゃ。子どもが20歳になったときには私は62歳。学資保険とかも、検討しないといけないなぁ。

ウッチーさん:いずれにしても、妻とその都度話し合っていくことが大事ですよね。

タロウさん:そう。夫婦といっても、教育の価値観はさまざまですから。

フールさん:コウノトリが、2人目と一緒にお金も一緒に運んできてくれたらいいのに…。