妊娠・出産・育児の情報サイト


結婚5年目の妊娠

f:id:akasuguedi:20160830220716p:plain

私は結婚5年目で子供を授かり、出産しました。

妊娠しにくかった原因は主人の精子欠乏症で、数はあるのに殆どが死んでいるか弱いものでした。

その原因に辿り着くまで3年かかり、妊娠がわかった時は本当に嬉しかったです。

 

結婚半年ですぐに妊娠反応が出たのですが、それから一週間後に自然流産。

その1年後、また妊娠反応が出ましたが同じく自然流産。

2度も同じパターンでおかしいなと思い、不妊外来へ行くとすごく丁寧なカウンセリングをして下さり、段階を踏んでの治療が始まりました。

 

最初はタイミング法。

1年やりましたが結果が出ず。

それから夫婦2人の検査をした結果、主人に原因がある事がわかり、ステップアップして人工授精へ進みました。

それから3度目の人工授精で妊娠。

無事に元気な息子を出産し、いまは7ヶ月になります。

 

治療中は妊婦さんを見ると羨ましくて、なぜ自分は苦しくゴールが見えない治療を繰り返さなければいけないのかと日々悩まされました。

不妊外来を卒業する際、検診後に先生から「おめでとう!辛かっただろうけど、ここまで諦めずによく頑張ったね。赤ちゃん元気に動いてるから今日で卒業だよ。母子手帳貰って次の産院へ検診に行ってね」と言われ、握手してくれました。

その瞬間、涙が溢れました。

 

先生自身も不妊治療でお子さんを授かっていたそうで、治療には命をかけてるといつも言ってました。

素晴らしい先生に巡り会えて本当に良かったです。

そして、私をお母さんにさせてくれて本当に感謝しています。

著者:ディズ子

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。