妊娠・出産・育児の情報サイト


<幼児食レシピ>切り方ひとつでピーマン完食!赤や黄色の甘みがおいしさアップ

f:id:akasuguedi:20160821214016j:plain

 

私も子どもの頃、ピーマンが苦手でした。今にして思えばどうしてだろうと不思議な気がしています。我が家の二男もピーマンが嫌い…、緑色の野菜が嫌い!

今のところ見た目で判断され、食べないものはそっぽを向く始末(泣)。これでは野菜不足になってしまうと悩み、いかにおいしく、子どもたちが完食するレシピを考えました。

 

特別な材料を用意しなくてもできる簡単料理です。

 

ピーマンとチーズのサラダ

f:id:akasuguedi:20160821214032j:plain

赤と緑のピーマンはみじん切り、プロセスチーズは1㎝角に切る。鶏のささみはゆでて細かく裂く。ボウルにすべての具材を合わせ、マヨネーズと塩、こしょうで味をととのえる。

 

◇ポイント

赤ピーマンを使うと彩りもよく甘くておいしい。

ささみをツナ缶に変えると時短にもなる。

チーズ、ささみと一緒に口に入れてほしいので、ピーマンはとにかくみじん切りに。

 

ピーマンきんぴら

f:id:akasuguedi:20160821214000j:plain

黄色いピーマンは縦に細切りにする。フライパンにごま油を熱してピーマンを炒める。しんなりしたらしょうゆ、みりん、白いりごまを加え、炒め合わせて完成。

 

◇ポイント

緑のピーマンできんぴらをつくると苦みがあるので、黄色いピーマンで甘みのあるきんぴらに。

見た目で食べられない子は、肉巻きにして食べやすく。

 

ピーマンのドライカレー

f:id:akasuguedi:20160821214052j:plain

ピーマン(赤、緑)とセロリはみじん切りにする。フライパンにオリーブオイルを熱して、セロリを炒める。しんなりしてきたらひき肉を加えて塩、こしょうをふり炒める。肉の色が変わったらピーマンを炒め、カレー粉、しょうゆ、ウスターソース、砂糖を加えて炒める。ごはんにかけて完成!

 

◇ポイント

セロリも入って意外に野菜がたくさん食べられる。

ピーマンは粗みじん切りよりも細かく切ると食べやすい。

パンに挟んでホットサンドにしてもおいしい!

 

ピーマンの肉詰めは食べないけれど、この3つのレシピはモリモリ完食してくれました!

f:id:akasuguope02:20150825082658j:plain

著者:haruzo
年齢:37歳
子どもの年齢:5歳、2歳1カ月

5歳と2歳になる二人の男の子の母。出版社で編集者として勤務した後、出産を経て、現在は専業主婦に。長男の幼稚園入園を機に、ママ友事情を垣間見る日々。料理をつくること、食べることが好きで、子どもが『おいしい!』と喜んでくれる笑顔が見たくて、ごはんづくりに励む毎日。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。