妊娠・出産・育児の情報サイト


我が家には「ママ」が2人!? キャラクターに「パパ」の座を奪われた旦那

f:id:akasuguope01:20160426192922j:plain

そのできごとは、息子が1歳2ヶ月の頃。
意味のある言葉を発し始め、少し経った頃に起こりました。

「ママ」…お母さん
「まんま」…ご飯

この2語の言葉を使い分けることができるようになり、
ほかにも「ワンワン」や「ダッダ」(電車)なども少しずつ言葉が出てくるようになりました。

すると旦那が、「じゃあ、そろそろ『パパ』も言えるようになるかな?」
なんて嬉しそうに言うのですが、
当時、息子の前では夫婦お互いのことを「お母さん」「お父さん」と呼んでいました。

「私らが『お父さん』って言いよるけん、『パパ』=『お父さん』とはなかなか認識せんのやない?」

「でも、『お母さん』=『ママ』はわかっとるけん、そのうち!」

そんなやり取りをしながら、旦那はどこか、
『パパ』と呼んでもらえることを楽しみにしているようでした。

しかし、そんな旦那の思いは打ち砕かれることとなったのです。

託児に預けているときに、アンパンマンのDVDを見たのがきっかけとなりました。
そこから一気にアンパンマンシリーズにはまってしまい、
「アンパンマン」=「パッパ」
「バイキンマン」=「バッバ」

と認識し、言葉を話すようになったのです!

「ママ」と「まんま」が使い分けられるのだから、
「パパ」と「パッパ」も使い分けられるのかと思いきや、
「これなーに?」と聞くとアンパンマンを指さして「パッパ!」と嬉しそうに言い、
「これだーれ?」と旦那を指さすと「?」と黙ってしまうように…。

さすがにこれには旦那もショックを受けたようで、
「キャラクターにパパの座を奪われた…」と嘆いていました。

 

そんな日が続きましたが、
しばらくしたら、旦那のことも何かしら呼ぶようになるだろうと
のん気にかまえていたのですが…なんと私も驚く結果が待っていました。

3人で一緒にいて、旦那が「ちょっとトイレ」と出ていき、姿が見えなくなると…
息子が「ママ?ママー?!」と叫びだしたのです。
「お母さんここにいるよ?」と言うのですが、
息子は「ママ」と言いながら、トイレの方に向かっていきました。

その光景を見て、「あ、『お父さん』も『ママ』と呼び始めたんだ!」と気づきました。
ちゃんと旦那のことを認識して、呼べるようになったことはとても嬉しかったのですが、
同時に「よりによって『ママ』かい!」と少し複雑な気持ちでもありました。

 

その後、何度も「ママじゃなくてパパだよ」と言うのですが、
相変わらず息子のなかでは「アンパンマン」=「パッパ」で、
「お父さん」「お母さん」=「ママ」という認識のようでした。

いつか、「お母さん」「お父さん」と呼んでもらえる日が来るのを楽しみに、
今は2人とも「ママ」生活を楽しんでいます。

著者:natsumiyako
年齢:27歳
子どもの年齢:息子(1歳8ヶ月)

好奇心旺盛なやんちゃな坊ちゃんを育てる1児の母。現在2人目の妊娠中。読書とお酒が好き。子育ての合間にライター、校正の仕事をしています。ドタバタだけど楽しい日々を送っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。